最小限の費用で介護施設を開業できるフライチャンズ「和ごころ」

公開日:2015年05月19日
1ce328c321660633

民家転用型の通所介護施設で参入しやすい介護事業を

超高齢化社会に伴い、現在特別養護老人ホーム入所希望の待機者は50%近くにのぼります。そんな中、日本ではより多くの介護施設を必要としています。しかし現実問題、開設のためには設備投資等で多額の資金が必要となり、これが介護ビジネスの参入を阻んできました。

そこで「デイサービス 和ごころ」が提案しているシステムが「民家転用型」の小規模通所介護施設です。空いている民家を利用し、通所施設として小規模の介護施設を展開することで、介護ビジネスの参入を誰でも始めることのできるシステムを構築しました。

直営店を中心にフライチャンズ店舗を出店する「ドミナント方式」

ドミナント方式とは、エリアを絞って直営店を中心にフライチャンズ店を展開し、周辺地域への認知度を高める戦略です。さらにエリアを絞ることによって近隣事業所のケアマネジャーとの人脈作りを図り、直営店との様々な連携が可能になります。

介護事業を始めるにはケアマネジャーの人脈づくりが成功の鍵となります。ドミナント方式によって認知度を高め、人脈を構築することによって立ち上がり当初から安定した経営を早期に実現することができます。

急増する介護のニーズに応えるための取り組み

介護サービスの利用希望者は年々増加しています。介護ビジネスを成功させるためにはまず小規模介護施設で高い成長性・収益率を目指し、和ごころの提供する営業システムで事業を安定させ、さらなる事業の拡大を目指す、それが「和ごころ」でフライチャンズを始める道のりです。

創業10年のノウハウであなたの開業のバックアップが受けられる、今後大きく成長が見込める介護ビジネスを始めようとする方には魅力的なフライチャンズです。