第一興商のカラオケルーム「ビッグエコー」へのフランチャイズ加盟

公開日:2015年04月21日
20150421131214

カラオケルーム「ビッグエコー」を地方でFC展開する

第一興商は既に都市圏・市街地をメインに直営のカラオケルーム「ビッグエコー」を約300拠点に出店・展開しています。

「ビッグエコー」にとっては更地となる地方ではFC形態での出店を展開する予定です。ターゲットエリアは中国地方や四国地方、関西エリア。具体的には個人経営のカラオケ店や事業の多角化を目指す参入企業との間でFC契約を結び「ビッグエコー」ブランドでの展開を図ります。

低価格な「ビッグエコー」の「定額ロイヤリティー」を実現

第一興商のカラオケルーム「ビッグエコー」は低価格なロイヤリティーでFC開業を目指しています。他のFCのロイヤリティーは売上に比例した金額に設定されています。

「ビッグエコー」はカラオケルーム1室あたり3,000円と低価格、しかも定額としてFC店舗の負担を小さくすることによって「ビッグエコー」への参入の垣根を低くしています。

「ビッグエコー」フランチャイズ加盟店のメリットとは

「ビッグエコー」のFC加盟店になるとカラオケルーム経営ノウハウを提供されるだけでなく、近隣の直営店からスタッフが出張して接客サービスなどの指導を行ったり、逆にFC加盟店のスタッフを直営店に招いて研修するなど経営ノウハウが提供されます。

また飲食メニューを直営店と共通化し、食材コストを下げることによって収益に貢献します。