週末起業とは?成功例と、アイデアの見つけ方。週末起業のメリット・デメリットとは?

公開日:2015年10月07日
72440440260f1cb2

現在、週末起業という言葉が注目を集めています。週末に起業するという明確な言葉が多くの人の心に響くと同時に、このまま会社員として仕事を続けていることに不安を感じる人が多いからかもしれません。

週末を利用して起業するのは、賢明な選択肢の1つです。ところが、週末起業に興味はあるものの、「せっかくの休日なのにもったいない」「本業が忙しいからそんな時間はない」「せっかくやるなら賭けに出たい」そんな気持ちを持っている人もいるかもしれません。

週末起業とはそもそも副業とどう違うのか、メリットやデメリット、週末起業のアイデアの考え方などをご紹介します。実際に週末起業で成功を収めている実例もぜひ参考にしてください。

週末起業のように「時間を自由に使える」ビジネスがフランチャイズにはあります。

週末起業とは|目次

1.週末起業とは?

 1-1.週末起業は副業と何が違うの?

2.週末起業のメリット・デメリット

 2-1.週末起業のメリット

 2-2.週末起業のデメリット

3.週末起業の実例

 3-1.週末起業の成功例その1

 3-2.週末起業の成功例その2

 3-3.週末起業の成功例その3

4.週末起業のアイデアの見つけ方

 4-1.自分の好きな事で週末起業をする

 4-2.自分の得意な事で週末起業をする

 4-3.やってみたいことにチャレンジして週末起業をする

5.週末起業の選択肢

 5-1.ゼロからの週末起業

 5-2.今までの経験を活かした週末起業

 5-3.フランチャイズでの週末起業

6.まとめ

1.週末起業とは

週末起業は副業とどう違うのでしょうか?週末起業に興味を持っている方であれば、ふと疑問に感じることがあるかもしれません。本業を持ちながら、空いている時間に仕事を行う点で同じように見えますよね。2つの違いを整理しておきましょう。

1-1,週末起業は副業と何が違うの?

週末起業と副業をそれぞれ見ていきましょう。

副業:誰かに雇用されて仕事を行う。時間の対価としてお金をもらう。

週末起業:自分が事業主。スキルや技術、能力の対価としてお金をもらう。

雇用されているか事業主か、お金に変わるものが時間なのか能力なのか、ということです。これは決定的に異なるポイントです。

分かりやすく言えば、空いている時間に喫茶店のウエイトレスを行うのが副業、美味しいコーヒー豆の焙煎方法を編み出して喫茶店へ売り込みを行うのが週末起業です。

副業も週末起業も本業が終わった後や休日に行いますが、働き方や対価が大きく異なります。早く時間が過ぎればいいなと思いながら仕事をするか、事業主としてどう展開していくか、もっとスキルをつけるにはどうすれば良いか考えながら仕事をするのとでは、雲泥の差がありますね。

週末起業と比べた結果、副業の方が向いていると感じた方はこちらをご覧ください。

2.週末起業のメリット・デメリット

では、週末起業のメリットとデメリットを見ていきましょう。何事においても良い面と悪い面は必ず存在します。それらを分かった上で週末起業をスタートさせましょう。

2-1.週末起業のメリット

週末起業は、本業を持ちながら週末や空いた時間を利用して起業することです。安定した収入を得ながら、やりたいことにチャレンジできます。大きな3つのメリットをご紹介します。

1. 生活の安定性がある

生活に必要なお金は本業の収入で、そして週末起業で新たな世界へチャレンジすることができます。安定した収入があるかないかは毎日の暮らしを左右します。

2. 起業したビジネスがダメならすぐあきらめられる

起業したビジネスがすべてうまくいくとは限りません。失敗する可能性もあります。週末起業の場合は、本業で収入が安定しているので、ダメになってしまったらすぐにあきらめることができます。

3. 起業したビジネスがうまくいけば、本業をシフトできる可能性がある

週末起業は、安定した収入を維持しながら新しい収入源を探すことができます。事業がうまくいってから仕事をシフトするかどうか判断できるので、リスクを最小限にとどめられます。

2-2.週末起業のデメリット

週末起業にはデメリットもあります。

1. 遊び時間、自由時間がなくなる

週末起業は、本業以外の時間を事業に使います。そのため空き時間は必然的に少なくなります。例えば、仕事が終わった後に仲間と飲み会、週末に友達とバーベキュー、などを今までどおりに目一杯楽しむことができなくなるかもしれません。

2. 無理をすると本業に支障をきたす。

週末起業に没頭するあまり過労で倒れてしまった、睡眠時間を極端に削っているため本業で居眠りしてしまった、など本業に支障をきたす可能性があります。体調、健康面、睡眠時間など自己管理が重要です。

「週末起業は難しそうだが、起業の準備は進めたい!」という方には、社員独立制度もオススメです。

3.週末起業の実例

それでは実際に週末起業で成功を収めている実例をご紹介します。

本当に成功を収めている人はどんなふうに起業したのか、どんな気持ちだったのかなどを参考にしてください。

3-1 週末起業の成功例その1:たいやき屋さん

内容:週末たいやき屋さん

業種:飲食店経営

・なぜ週末起業を始めたのか?

30代に差し掛かったときに、人生これでいいのかという疑問と、人生お金だけではないと感じたからです。そして、人の想像を超える大きなたいやきを作って、お客さんの笑顔を見たいという思いつきがきっかけです。

・スタート時の準備や事業内容

一般的なたいやきの作り方はインターネットで勉強し、有名な和菓子職人のブログで熱い夢を語りノウハウを教えてもらいました。こだわった作り方なので、平日帰宅後に数日かけて仕込みを行い、土曜日は終日たいやき屋を営業しています。目玉は、1日限定5個の日本一大きいたい焼きです。

・売上や初期投資など

初期投資35万円。

1日に焼く個数は約150個で売上は約3万円、年商約150万円。

・週末起業して感じること

ハードだけれどもやりがいがあります。お客さんの笑顔を見ると苦労が吹き飛びます。

3-2.週末起業の成功例その2:集客・営業支援

内容:ネット集客、起業、海外営業支援などのコンサルティング

業種:コンサルティング

・なぜ週末起業を始めたのか?

趣味で始めたホームページ作りから集客やSEOの副業をするようになったことと、本業で海外営業の経験が長かったので人脈を生かしてビジネスになるのではと感じたからです。

・スタート時の準備や事業内容

ホームページやネット集客で悩みを抱えている人に、費用を抑えてできる販促方法を提案しています。レンタル事務所と契約していることで、顧客対応などの電話応対を外注できるため顧客の信用獲得につなげています。また、情報発信力の高いクライアントの場合は無償で受注することで、ネットワークを広げています。

・売上や初期投資など

初期投資0円。月商100~150万円。

・週末起業して感じること

仕事が多すぎて、丸一日週末がつぶれてしまう日が多いため、休息時間の確保を自分に言い聞かせています。マーケティングとコンサルティングは自分の手で、それ以外の部分は外注を活用して本業と両立しています。

3-3.週末起業の成功例その3:ネットオークション

内容:ネットオークション

業種:販売

・なぜ週末起業を始めたのか?

自宅の衣類を整理していて出てきたブランドスーツを処分する際、古着屋での買取り金額は100円だったものがネットオークションで3,500円で売れました。意外と高く売れると感じたことがきっかけです。

・スタート時の準備や事業内容

最初はフリーマーケットの延長という感覚で始めました。主に洋服や小物、金券などを販売。メインは洋服で、数百円の仕入れ値に対し、10倍程度の金額で販売することが目標です。洋服をメインとしているのは、自分が商品についてわかっていて大好きだから。土日のどちらかで仕入と出品、落札者の連絡は平日の帰宅後に行っています。

・売上や初期投資など

初期投資0円。年商84万円。

・週末起業して感じること

ネットオークションにはマーケティングや商売の基本が詰まっているので、週末起業の練習にぴったりです。そして楽しみにながらやることが大切です。

週末起業をする前に、世の中にはどんなビジネスがあるのかをもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

4.週末起業のアイデアの見つけ方

週末起業について、メリットやデメリット、成功者の実例がわかったところで次のステップへ進みましょう。
ずばり「何をするか」です。どうすれば自分にぴったりのアイデアを見つけられるかをご紹介します。

4-1自分の好きな事で週末起業をする

「好き」は強みです。だからこそ、週末起業のアイデアを見つける1番手っ取り早い方法です。

自分が好きなこと、興味のあること、つい自然とやっていることを探しましょう。

例えば、プラモデル、スキーやスノーボード、テレビ鑑賞、お菓子作り、フリーマーケット出品などです。これがどう起業につながるかはあなた次第です。プラモデルであれば、製作の代行、珍しい製品の通販など、売上にどう結び付けるかは数えきれないほど種類があります。

まずは、自分の「好き」を見つけましょう。ポイントは、「やっている時間が楽しい!と思えること」「忙しい毎日の中でもついやってしまっている自然さ」です。

4-2.自分の得意な事で週末起業をする

とはいえ、好きなものって意外と見つからないかもしれません。また、好きなことは仕事にしたくないという人もいるかもしれません。

その場合は、任されやすい仕事から考えてみましょう。本業で「これやっといて」と任される仕事は何ですか?また、本業で得意とする仕事は何ですか?

(例)

・接待や営業を任される→人との付き合いが上手→接客やコンサルティング業

・細かい膨大な作業を任される→コツコツとした作業が上手→モノ作りやウェブ制作など

「得意」は能力です。週末起業は能力を事業とするため、大きな強みとなります。

「得意だ!」といえることをビジネスにしたいなら【手に職】をつけることもオススメです。

4-3.やってみたいことにチャレンジして週末起業をする

「好き」も「得意」も見つからない、自分は週末起業は無理なのだろうか・・・と落胆するのはまだ早いです。最後は「夢」です。やってみたかったことにチャレンジできることも、週末起業の特徴です。

例えば、今は事務職をやっているけど、子供の頃からケーキ屋さんを開くのが夢だった、という方。夢を形にする1つの手段として、週末起業してケーキ屋さんを開店するのです。

本業や副業で誰かに雇用される立場であれば、未経験というのはデメリットです。面接で落ちてしまう可能性が高いですよね。でも自分で週末起業すれば誰からも文句は言われません。

誰もが最初は必ず未経験です。チャンスは無限大に広がり、必要なのは大きな勇気です。

5.週末起業の選択肢

頭の中にぼんやりと、「こんな事業を週末起業してみたいなぁ」と浮かびましたか?まだ浮かんでいなくても大丈夫です。本業をしながらゆっくりと考えることができるのも週末起業の醍醐味です。

最後に、週末起業をどんな手段で行うか3つの選択肢をご紹介します。

5-1.ゼロからの週末起業

ゼロというのは、何もない草原で生活をし始めるようなイメージです。経験も人脈も何もないゼロの状態では、残念ながら失敗するリスクが高くなります。

でも、週末起業なら、生活費は本業でまかなえます。ゼロから起業することは、週末起業だからこそできる選択肢という考え方もできるかもしれません。

それでも、事業を開始するにあたっていくらかの初期投資を行う場合、失敗とともにお金が水の泡となってしまうリスクが高いことを十分認識しておきましょう。

多少の不安はあるものの、新しいことにチャレンジしたい方は、未経験から始められるフランチャイズビジネスを選んでみてはいかがでしょうか。

5-2.今までの経験を活かした週末起業

経験を活かした週末起業のリスクレベルは中程度、ハーフ&ハーフです。

起業が成功するかどうかは、経験・スキル・人脈・時間(・資金)が一定レベルを超えているかどうかにかかっていますが、経験や技術があれば1つの柱がしっかりしているので強みになります。

しかし、経験以外のマイナス要素が大きい場合はリスクは高くなります。経験はあるけど技術はさほど高くない、経験はあるけど人脈はないという場合、失敗する可能性が出てきます。

5-3.フランチャイズでの週末起業

フランチャイズを利用・加盟しての週末起業については、リスクはそれぞれ異なります。

フランチャイズのメリットは、事業リスクをあらかじめ明確に把握できること、事業の方向性やコンセプトがはっきり確立していることなどです。また、リスクを相談できるプロがいるという点もメリットとして挙げられます。

一方で、あらかじめ販売ルートや事業展開の手法が決められているので、一から事業を組み立てたい人には向きません。

事業が確立していることで、リスクを最小限に抑えられる方法の1つがフランチャイズです。

6 まとめ

副業は、自分以外の事業主がいて、「時給」といった時間に対しての対価でお金をもらうものですが、週末起業は、自分が事業主として空いた時間に事業を展開させていくことです。自分のノウハウや能力が対価としてお金に変わるので、今注目されているプチ起業です。

週末起業のメリットは大きく3つです。本業をやめるわけではないので生活に安定性が出せること。そして新しいビジネスに挑戦ができ、失敗してもリスクが低いこと。最後に、ビジネスがうまくいけば本業として事業を更に展開させていけることです。いきなり独立するのではなく、まずは空いた時間を使うことで、着実に成功に向けて進められるのです。

ゼロから始めるもよし、自分のスキルを活かすもよし、フランチャイズで始めるのもよし。

自分の好きなこと・得意なこと・やってみたいことなど、週末起業でチャレンジできることは多いので是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

「業種別」や「開業資金」、「一人で独立」など、『フランチャイズ比較ネット』では、ご自身の志向に沿ったFC本部選びができます。