元「焼肉部」代表の美女。女性起業家の七尾エレナ氏が目指す次のステージとは?

公開日:2015年10月29日
Cde34a7a1886f01e

株式会社プリンシパル
代表取締役 CEO&Founder
七尾エレナ

〜略歴〜
1989年生まれ。北海道出身、東京都在住。大学卒業上京し、新卒で株式会社マクロミルに入社。大手広告代理店のマーケティングリサーチに従事。ノウハウを習得。

堀江貴文氏出資の元、株式会社部活動を2013年に設立、代表取締役に就任。2015年には、株式会社プリンシパルを設立。女性特化の定性調査(グループインタビュー・デプスインタビュー・会場調査)を軸とした、コンテンツマーケティングサービスを展開する。

クラシックバレエから学んだ、「自分を表現する」ということ

唯一続けている趣味があるんですね

いろいろな習い事をしていましたが、唯一続けられたのが、クラシックバレエです。自分を表現するのが楽しくて、プロを目指したこともありますが、才能の壁を感じ、趣味として続けていく道を選びました。

大学生時代にスカウトされたことをきっかけに、モデル業を始めました。モデルも、起業も、自分を表現するための手段の一つなんです。

親族はみな経営者、モデルの仕事でビジネスへの興味が花開く

モデルの華やかな世界から、ビジネスの世界へと関心が移ったきっかけは?

いとこも、おじいちゃんも、両親も、みな自営業者なので、「自分でお金を生み出す」ということを小さいころから見ていました。その影響もあってか、一度社会人経験を積んだ上で、将来は起業したいと漠然と考えていました。

モデル時代、広告代理店と一緒に仕事を行うことが多くあり、そこで「ものの売り方」や「マーケティングってこうやるんだ」など、ビジネスについての興味が深くなりました。

辛かったけど、目標があったから乗り越えられた、社会人1年目

会議室にいる七尾エレナ3

市場調査会社に新卒で入社したのはなぜ?

将来、起業した時に活かせるスキルはなんだろう、と考えた結果、 BtoBでビジネスをやっているところが良いと考えました。

いろんな業界と取引がある会社に入れば、実際の会社で行われている仕事の中身を知れる良い機会になると思ったんです。マーケティングへの興味もあったので、市場調査会社に決めました。

実際の仕事はどうでしたか?

1年目は本当に辛かったです。担当のクライアントのオフィスへ飛び込み営業をしたり、終電帰りの日も多かったですが、「いずれ起業するための、勉強の時期」「この辛さは永遠に続くわけじゃない」と、自分を奮い立たせてなんとか乗り越えました。

「将来は起業したい」という想いは持ち続けていたので、経営者が集まるイベントにはなるべく参加して、話を聞いたり、名刺交換をするなど、勉強と人脈作りをしていました。その中で出会った方の一人が、「焼肉部」プロジェクトの出資者の方だったんです。

新米社員から、いきなり会社の社長に就任

社長になるきっかけは?

「焼肉部」というプロジェクト自体が先に立ち上がっていて、 その事業の社長を募集していました。
自分の資本ではないけれど、会社経営のことを学べるチャンスだと思い、出資者と面談をし、社長に就任することとなりました。

新米社員から、いきなりの社長業ですね

アプリ制作にあたってのエンジニア集めから、設計・仕様書作成など、全て自分ひとりでやらないといけない状況でした。
わからない時はネットで検索したり、本を読んだりして対応しました。

その結果、自分の頭で考えて答えを見つける度胸がつき、今の仕事にも役立っていると感じています。

女性を支援するという軸はブラさない

上を向く七尾エレナ6

会社の将来像は?

儲けようと思ったら、極端な話、なんでもできると思っています。例えば、安くものを仕入れて、ネットで売るとか。でも、それは、自分でなくても誰でもできてしまうこと。自分の強みを活かした仕事をすることで、自分の人格の成長はもちろん、会社の「色」をもっと強くできるのではないかと考えています。

「女性マーケティング=七尾エレナ」という連想が世間に生まれると良いな、と思っています。 将来的には、女性向け商品のプロデュースや商品開発もしていきたいです。

事業の軸は?

女性がもっと活躍できるような社会づくりに貢献していきたいです。事業がマーケティング以外に広がったとしても、「女性を支援する」ということの軸はずらさないようにしたいです。

事業の状況はいかがですか?

ここ数か月で、ようやく安定して仕事が回り始めた、という状況です。

最初はテレアポ等の営業に力をいれていましたが、最近では広告代理店さんがパートナーとなり、案件を安定的に獲得しています。今の仕事は徐々に部下に引き継ぎ、私は新規事業について考えることに時間を使うようにしています。

根っからの断捨離気質!?休みの日の過ごし方

下を向く七尾エレナ4

休みの日の過ごし方は?

何もしないで爆睡!とか、ゴロゴロしているだけ、ということはあまりないです。 常に何かしていることが多くて、友達と遊びに行ったときも、「何か新規事業のタネはないかな?」と考えています。

フェス等に行く際も、「あのブースはどういうマーケティングの結果、出店してるんだろう」「今度このプロモーションを提案しよう」など、ビジネスの部分に目がいってしまいます(笑)

最近はまっていることは?

最近は、犬の散歩にはまっています。朝や夜に公園を散歩するのですが、流石にその時は何も考えず、ぼーっとしています。(笑) リフレッシュして、頭が整理されるんです。

整理整頓が好き?

お掃除など、整理整頓が大好きなんです。最近引っ越しをしたのですが、引越しで綺麗になった部屋をみているだけで、楽しいんです。(笑)

クローゼットの洋服を、一気に処分したりと、思いついたら、どんどん断捨離しています。

起業は誰でもできる!私も最初はただの会社員でした。

前を向く七尾エレナ7

独立・起業検討者へのメッセージをお願いします

1社目の社長になる時、「社長なんてやったことがないので、できません」と断ったことがあります。
その時に堀江さんに言われた言葉が印象的でした。
 
「今社長をやっている人は全員、昔は社長をやったことがなかった。やったことがない人が社長になるのは当たり前だよ」

みんな社長をやったことがないのに、社長になってる。じゃあ私もできるかなっていう感じで、背中を押されました。
誰でも、本気でやろうと思ったら、起業して社長になることができるのだと思います。

とはいえ、勇気がいりますよね

人は、目に見えないことが、一番怖いんです。不安に思うことを、一つ一つ引っ張りだして、何が怖いのか?どうすれば解消するのか?ということを考えていくと、次第に不安は消えていくと思っています。

あともう一つ大切なのが、「できる理由を考える」ということです。紙に自分の強み、できることをリストアップして、それをうまくパズルのように組み合わせていけば、 誰でも起業のアイデアのタネが見つかると思いますよ。

この記事を読んだあなたにおすすめ

KAMAROQ株式会社 中村博充さん
釜石の復興支援から社長へ就任! KAMAROQ社長中村博充さんが語る「生き残れる人材」とは?

mogmogはうす 丸山寛子さん
7年間のOL生活から「食」を伝えるシェアハウスオーナーに転身! mogmogはうす丸山寛子さんインタビュー

factry 西原典夫さん
カフェ経営の原点。渋谷「factory」西原典夫氏が創る“ゆるやか”空間とは?

未来食堂 小林せかいさん
1日1メニューの定食屋「未来食堂」 チェーン店からの学びとは?