「ドクターレザー」は技術と店舗が必要なしフランチャイズで即開業

公開日:2015年04月17日

20150417210433

レザーリペア業界第一線をいく”革製品”を蘇らせるプロがいます

革製品というのは使っているうちに、味も出てきますがだんだん汚くなってきて、捨てるのも勿体ないからそのままタンスの奥に...という人もたくさんいるかと思います。そんな革製品を染め、修理をして新品同様に蘇らせてくれるという革製品のドクターがいます。お仕事内容としては、お客様と革製品のドクターの取次ぎをする。というものです。時代は、安いものを購入してすぐに捨てるよりもいいものを大切に長く使おう。という時代に突入していると感じませんか?

今、革製品は一生ものという認識が見直されています。

お気に入りの革製品を長く使いたいと思っている人たちはたくさんいます。バッグの修復や修理する作業というのは、新しいバッグを作るよりも、はるかに高度な技術力が必要とされているそうです。ドクターレザーは特殊な加工の技術があるので、百貨店や、ブランドメーカー、全国にチェーン展開されている洋服のお直しの会社や靴修理お会社などから仕事を請け負ってきています。現在、日本中にこの取次店が広がりつつあります。

少ない資金で始められることが最大のメリット

既にお店を持っている人なら、その店舗に更なる向上を目指すことも可能です。また、自宅での開業も可能なので実店舗を持たずにスタートできることは最高のメリットです。場所が必要ないだけではなく、在庫を持たない安心感もあります。手軽に安定した仕事を探しているのならオススメです。これからの時代、ますますニーズが高まっていくといわれている革製品の修理にはお仕事として可能性がいっぱい。