e-MACSのフランチャイズはロイヤリティ不要で年収850万円

公開日:2015年06月18日
76b846a5f64cae90

少ない初期投資で開業できるe-MACSなら早い時期から年収が安定

フランチャイズで開業をする際には、初期投資がある程度かかってしまいます。そのため、最初のうちは初期投資分を回収するまで、普通に生活をするのも大変だという人もいます。

しかしe-MACSなら初期投資は加盟金の75万円のみです。必要な材料費などは、その都度購入するという仕組みであるため、赤字になるリスクが非常に低く早い時期から安定した年収を得ることができます。

e-MACSなら複数のサービスをリピート受注し安定した年収に

フランチャイズで起業をした場合には、サラリーマンと異なり毎月安定した収入が保証されることはありません。利益を多くだせる時期もあれば、そうでない時期もあります。

しかし、e-MACSなら複数のサービスを扱うことが可能で、リピート受注も多いです。フローリングの補修を受注した顧客からリピート受注をして、さらに同時にエアコンの掃除や水回りの掃除などもまとめて引き受けるといったやり方をすれば、年収も高い水準で安定します。

e-MACSのフランチャイズなら個人でサラリーマンより上の年収

近年ハウスクリーニングの需要は右肩上がりで伸びています。e-MACSでは高齢者が住みやすい環境を作るとともに、自然環境に配慮した方法で掃除や補修などを行っています。そして研修制度により、未経験の人でも比較的早い段階で、そういった技術を身につけることができます。

それに加えて少ない初期投資と高い収益率から、フランチャイズで起業すれば、一般的なサラリーマンの平均よりも遙かに高い収入を得ることが可能です。収益モデルとしては1名体制でも年収が約850万円です。