大手コンビニ「ファミリーマート」フランチャイズ開業の特徴

公開日:2015年08月28日

9e2918e8feded224

日本3大コンビニチェーン「ファミリーマート」FCの特徴とは

コンビニエンスストア「ファミリーマート」の年間売上は1兆7,219億円。4位のミニストップ3,499億円を遥かに凌ぎ2位ローソンの売上1兆9,453に迫る勢いです。(平成25-26年)日本3大コンビニチェーンの一角を不動にしたコンビニチェーン「ファミリーマート」の勢いは止まりません。

国内店舗数は11,444店。そして東南アジアを中心に展開する海外店舗の合計は5,731店。合計17,175店舗を擁しています (2015年7月31日現在)。「ファミリーマート」フランチャイズ本部は新規開業オーナーを募集中です。

消費者ニーズを先取りするサービスを展開「ファミリーマート」FC

街を歩けば数々のコンビニが立ち並び、その数の多さに驚かされます。その風景に慣れてしまうとコンビニの姿が見えない場所では不安を覚えるほど現代人はコンビニ依存しています。「ファミリーマート」FC本部では消費者ニーズを先取りしたサービスを展開。

例えば高齢化・単身者世帯社会に伴う新しいニーズとしての個食の宅配などを他社に先駆けてスタートさせました。「ファミリーマート」は、このように時代の先を見据えた小売・サービスを開発・展開しています。さらに新たなサービスや商品を自ら提案することで事業を拡大しています。

「ファミリーマート」FCの新規開業のバリエーションとは

「ファミリーマート」FC本部が提案するフランチャイズ・パッケージ契約は4パターンがあります。オーナー候補の資金や条件などの事情に応じて選択可能です。企画段階からFC本部との連携によって個別の事情に応じたサポートを利用できます。

長年にわたって蓄積されたノウハウによるバックアップで安心して開業の日を迎えることができます。また「家族加盟促進制度」が用意されており家族で店舗を経営することを応援するシステムが組み込まれているのです。

この記事を読んだアナタにおすすめ

誰もが一度は検討する「コンビニフランチャイズ」を知る!