脱サラしてフランチャイズ加盟。やりがいは人との絆

公開日:2015年03月26日

20150331122315

フランチャイズ店舗に加盟している人は脱サラから始めた人が多い

脱サラしてフランチャイズオーナーになるという人が多いといわれています。成功体験談などを見ると、脱サラして開業しましたという人が多くいます。このような人々の前職は、まったく関係ない業界のことが多いです。

それでも加盟して成功しているというのは、本部のバックアップがしっかりしているか、その人の能力が優れているからではないかと思います。本部のサポート体制は加盟前にきちんと確認をしておく必要があります。加盟してからこんなハズじゃなかったのにと後悔しないためにも、説明会への参加とそこでの質問などはしっかり行いましょう。

脱サラからの独立開業は勇気がいるものです。失敗しないためにも、自分が100%納得した状態ではじめることが必要です。

脱サラからの成功その1

脱サラ後にフランチャイズ加盟して成功した人の中に、夫婦で開業したという成功体験談がありました。

コンビニの場合は、加盟の条件として家族2人以上で登録するなどがあげられていますが、特にそういった条件がなくても夫婦で始める人もいるようです。老後の生活も考えて2人で協力していくということはある意味とてもよいことなのかもしれません。

この夫婦の場合は、お互いのことを思いやる気持ちが強まり絆も強まったと書かれていました。

脱サラからの成功その2

会社の枠の中で働く事が苦手だと感じ、脱サラして開業した男性は、おそうじなどを行う便利屋の会社にフランチャイズ加盟しました。このお仕事では、ありがとうという言葉を沢山もらう事ができ、お客様の笑顔を沢山見ることができるのでとてもやりがいを感じるということでした。

その人にとって、やりがいを感じられる仕事かどうかが、最も重要なことなのです。