フランチャイズで始められるリフォームビジネスの『理想化研グループ』

公開日:2015年05月26日

A0fa788f00aa5ff6

不便を感じても思いとどまってしまうことの多いお風呂のリフォーム

新築の頃はピカピカだった住まいも、経年変化によって見栄えが大きく変わってしまいます。特に劣化が著しいのが水回りでしょう。水回りといえば、キッチンとお風呂ですが、キッチンは見栄えとともに設備も一新したいという希望から、システムキッチンの取り替えを選ぶことが少なくありません。それにくらべてお風呂は、バスタブやユニットバスの組み替えは費用も工期もかさみ、リフォームを思い立っても二の足を踏んでしまうものです。

特殊フィルムを用いたリニューアル「ふろいちエール工法」

そうした点ではハウスクリーニングを選択する人も少なくありません。そうしたクリーニングとリフォームの中間に位置するリニューアルが、『理想化研グループ』の「ふろいちエール工法」だといいます。バスタブの交換ではなく、古いお風呂や内壁を特殊なフィルムでコーティングすることで新たに再生したように見違えます。その工期は約2日間。普段の暮らしを妨げずに一新できます。「ふろいちエール工法」の実績は、約10年間で3万件あるといいます。

リフォーム事業全体を底上げし、それに対応する体制づくりを図る

『理想化研グループ』では、こうした独自の技術を応用した工事を行う加盟店を募集しています。お風呂のリニューアルは、ホテルのような大規模施設も含めて、今後も需要拡大が見込まれているからです。また、『理想化研グループ』は外装塗装やサイディングなどを得意とする「トムハウス」との合併で、新築注文住宅の施工や内装リフォームへと仕事の幅を広げています。「日本セイリングハーバー」が提供する地下シェルターも手がけるようになりました。リフォーム事業全体を底上げする『理想化研グループ』、現在は全国に約50のパートナー企業を持ち、さらに拡大を図ります。