リユースビジネス「銀座パリス」でフランチャイズ開業

公開日:2015年07月25日
60fd3ef75c40e865

「銀座パリス」フランチャイズオーナーの開業スタートとは

銀座パリスは2010年創業以来、東京を中心に全国で32店舗をフランチャイズ展開しブランド品、金・プラチナの買取・販売を行っています。また リサイクル業界に参入を希望するオーナー候補の独立・企業を強力にサポートするシステムを構築。

「業界最安値の開業初期コスト」と「負担の少ない低額運営費」フランチャイズパッケージを提供し、新規開業者の参入を支援しています。

魅せるオーナー開業「銀座パリス」繁盛店への道

銀座パリスは、他のリサイクルショップに先駆けて直営オンラインストアを運営しています。買い取った商品を中古品としてネット販売することで店舗への集客数も増え利益も増加しています

。フランチャイズとして銀座パリスに加盟すれば「買い取り」、「販売」、「買い取りと販売」という3つのプランから選択することができます。買い取った品物は専門業者やオークションへと出品することで高値で売却して利潤を追求しています。

安定開業をバックアップする本部サポート「銀座パリス」

「銀座パリス」の「業界最安値の開業初期コスト」の具体的な金額を見てみましょう。同社の公式HPによると、開業に必要な資金は買取のみの店舗の収益モデルでは、加盟金、物件取得費等の合計が141万円とされています。

月額の粗利160万円、ロイヤリティーは定額5万円。営業利益82万円。また買取と販売業務店の収益モデルは初期コスト合計171万円、月額粗利230万円、ロイヤリティー定額10万円。営業利益137万円。あくまでもモデル試算ですが、本部への加盟金が低額に抑えられていることと月々のロイヤリティーが定額である点に注目することができます。