フランチャイズ加盟事業責任者に聞く!「おそうじ本舗」のオーナーに向いている人や成功事例とは?

最終更新日:2021年08月10日

Header pc 08052f57ef80757f 1626656696

女性の社会進出や共働き世代の増加で近年急激に需要が拡大しているハウスクリーニング。全国に1,554店舗(2021年2月時点)を展開し、業界店舗数No.1※を誇る「おそうじ本舗」も、2,000店舗に向けて拡大しており、現在もフランチャイズオーナーを積極的に採用しています。おそうじ本舗のオーナーとして、一体どんな人が向いているのでしょうか?また、成功のポイントとは?おそうじ本舗を運営するHITOWAライフパートナー株式会社、加盟店開発部の藤田雄介氏にお話を伺いました。
(※2020年10月HITOWAライフパートナー株式会社調べ)

おそうじ本舗の資料をもらう

おそうじ本舗 HITOWAライフパートナー株式会社 加盟店開発部 藤田様 HITOWAライフパートナー株式会社 加盟店開発部 藤田雄介氏

創業20年以上の実績と圧倒的店舗数を誇るハウスクリーニングの有名チェーン

ー はじめに、おそうじ本舗の事業内容を簡単に教えていただけますか?

おそうじ本舗は、「靴専科」「KEiROW」といったさまざまなフランチャイズ事業を手掛ける同社が展開するハウスクリーニングサービスです。創業20年以上の歴史をもち、全国47都道府県で1,554店舗(2021年2月時点)展開。エアコンクリーニングや浴室・洗濯機クリーニング、レンジフード・換気扇クリーニングといった専門清掃まで、お客様のご要望にあわせた“プロのおそうじ”をご提供しております。

ー 急成長の理由はどんなところにあるのでしょうか?

まず、社会の変化によって人々のライフスタイルが変わり、それと同時に市場の拡大が見込まれています。最近では新型コロナウイルスの影響で「除菌」や「換気」に対する一般消費者の意識が高まりました。また、家で過ごす時間が長くなり「自宅の生活環境をより良くしたい」とお掃除を依頼される方も増えています。ハウスクリーニングは生活に密着した家事支援事業として、これからも景気による影響を受けづらく、安定したニーズが見込める分野です。

ー 同業種と比較したおそうじ本舗の強みを教えていただけますか?

創業以来、着実にお客さまの認知を広げ、信頼を獲得しながら店舗数を拡大してきました。その「ブランド力」は業界ナンバー1であると自負しております。最近では全国ネットのテレビCMを流すことで、本部には年間で約27万件もの依頼(2020年度実績)が入るようになりました。

確かなブランド力に加えてマーケット全体の需要の高まりという追い風も受け、今後さらなる成長が予想される事業です。

おそうじ未経験からの開業が95%!(2020年度実績)おそうじ本舗のFCオーナーが始めやすく続けやすい3つの理由

おそうじ未経験からの開業が95%!(2020年度実績)おそうじ本舗のFCオーナーが始めやすく続けやすい3つの理由

ー おそうじ本舗のフランチャイズオーナーになることの魅力やメリットはどんなところでしょうか?

主に3つの魅力やメリットがあると思います。

まず、ハウスクリーニングの経験がない方でも始められるという点は大きな魅力だと思います。実際にフランチャイズオーナーの95%以上(2020年度実績)が全くの未経験から開業しており、年齢も性別も前職のキャリアも本当にさまざまです。「技術研修」「現場研修」「営業研修」と、開業前から担当のスーパーバイザーがしっかりと知識や技術を教え、開業後もサポートしていくことで、短期間での独立、収益化を目指せます。

2つ目の魅力は、店舗を構えることなく自宅でも始められるという点です。また、在庫(※洗剤等は除きます)を抱えることもないのでリスクも低く、少ない資金でも開業できます。例えば、最初は1人で小さく始めて、ビジネスが軌道に乗ってきたところで事務所を構えたり、スタッフを採用するオーナーさんもいらっしゃいます。

そして3つ目の魅力は、ビジネスモデルです。2020年度の実績としては、全国の平均月商は約111万円です(開業半年以上経過した全国1,287店の平均月商です)。ちなみに「111万円」とは頭打ちの値ではなく、成長が期待できると考えています。

始めるハードルが低く、その後安定した収入を期待できるおそうじ本舗のビジネスモデルは多くの方に注目していただき、さまざまな経歴の方が説明会にいらっしゃいます。

掃除好きでなくても歓迎!おそうじ本舗のオーナーで成功するには?

ー どんな人がおそうじ本舗のフランチャイズオーナーに向いていると思いますか?

ハウスクリーニング事業ということで「掃除が得意な人や掃除好きな人が向いている」というイメージを持たれがちですが、それよりも「コミュニケーションが好きな人」だと思います。ハウスクリーニングは、お客様にとって最もプライベートな空間である自宅にお邪魔して行う仕事。お客様は一度依頼をしてサービス面や人柄で安心できれば、またその人にお願いしたいと思うものです。ただ黙々と掃除をするのではなく、訪問してお客様のお話をしっかりと伺い、ニーズに合わせたサービスを提供できる方がオーナーに向いていると思います。

ー 掃除が好きでも、コミュニケーションが苦手な人や営業が得意でない方の場合、成功は難しいということでしょうか?

いえ、そういったお悩みをもつオーナーさんのために、1都3県限定で営業や集客を徹底サポートするプランを用意しております。先ほどお話した通り、本部には年間約27万件(2020年度実績)の依頼が入ります。優先的にそうした案件を紹介したり、年間で10万部の販促チラシを無料で提供したり、おそうじ本舗独自のブランド力とノウハウで全面的にバックアップしますので、ぜひ純粋に「掃除が好き!」という方にも活躍していただきたいです。

ー 先輩オーナーの成功事例があればご紹介いただけますか?

数多くの成功事例のなかから、お2人の事例を紹介します。

1人目は大井町店の勅使河原オーナーです。

おそうじ本舗_大井町店の勅使河原オーナー

勅使河原オーナーは、以前ベンチャー企業で勤めていました。事業を0から作っていく楽しさを感じる半面、大変さを痛感したそうです。そこで、最初から軌道に乗せやすく、採算がとりやすいフランチャイズビジネスに目をつけ、そのなかでもおそうじ本舗の「集客に対する自信」に魅力と可能性を感じ、オーナーになりました。最初は1人で開業し、その後スタッフを雇ってからは作業もスムーズになり、お客様の満足度が上がっていったそうです。心に余裕ができてお客様と談笑し、それをきっかけにお掃除の追加オプションを注文してもらえるなど、リピートに繋がることも増えるようになりました。結果的に、人を雇うことで人件費以上に売り上げが伸び、良い方向に向かっているようです。

2人目は杉並高井戸店の金井オーナーです。

おそうじ本舗_杉並高井戸店大井町店の金井オーナー

金井オーナーは前職が専門学校の講師という異色の経歴の持ち主です。ハウスクリーニングの経験はなかったものの、持ち前のコミュニケーション能力を活かして成功を収めています。地域の方から覚えてもらうために、地道なチラシ配りからスタートしました。本部から聞いたノウハウをもとに、日を変えて何度も同じ箇所に配ることで徐々に認知が浸透し、やがて依頼の電話が増えるように。一人暮らしの女性で「男性はちょっと…」という方からもよくご依頼をいただき、お客様の信頼を得ています。

ー ありがとうございました。最後に、フランチャイズ開業を検討している方に向けて一言メッセージをお願いします。

おそうじ本舗は、市場が伸びているハウスクリーニング業界の中でも、多くのお客様から厚い信頼をいただいている業界店舗数No.1※のフランチャイズです。
(※2020年10月HITOWAライフパートナー株式会社調べ)

少ない資金で開業でき、未経験から“おそうじのプロ”に成長できます。

努力した分だけ自分に返ってくるので、「事業を成功させたい」という強い気持ちをもっている方は活躍できるはずです。

まずはぜひ、説明会に足をお運びください!

おそうじ本舗の魅力をきっと感じていただけると思います。

おそうじ本舗の資料をもらう

公開日:2021年08月10日