修理工場を貸す レンタルガレージJUNTOHRUのフランチャイズ

公開日:2015年05月24日

84f93c77e5f573da

「車にキズが(涙) 修理したいけど場所がない」 そんな需要を掘り起こす

フランチャイズにもいろいろありますが、「レンタルガレージJUNTOHRU」のフランチャイズはちょっと変わっています。キズがついたマイカーの修理や塗装を自分でやりたいという人たちに、ガレージを貸し出すというものです。それがフランチャイズとして商売が成り立つの?という疑問はもっともですよね。ざっと説明しましょう。

車の調子が悪くなった、ちょっとぶつけてバンパーに傷がついた、塗装がはげた、といった時、修理に出さずに自分でやりたいという人がけっこういますよね。でも場所もない、工具もないという人たちにガレージを貸し出すのです。

DIYする人を応援 マスコミでも紹介されて注目の的に

いわばDIYを応援するもので、創業者はこの需要に目を付けて1997年にレンタルシステムを考案しました。このビジネスモデルは、日本経済新聞やNHKテレビなどで紹介されて注目され、全国に向けてフランチャイズ展開を始めたのです。

貸し出すのはプロのワークスペースに加えて工具です。工具はジャッキやリフト、タイヤチェンジャー、タイヤバランサー、サンドブラストなどです。それらを有料でレンタルし、必要に応じて無料でワンポイントアドバイスをし、有料で作業のサポートをしたりします。

修理工場経営者が副業で、あるいは空き工場利用しての開業も

大切な工具を貸すのだから壊されたりしたら心配、という不安もあるかと思います。でも、このフランチャイズは会員制で完全予約制です。あらかじめ修理内容を聞くことになっているので、不正改造などに悪用される心配もありません。

ガレージのレンタル料金や営業日、営業時間などはフランチャイズ各店が自由に決められるので、自動車修理工場経営者が副業で始めたり、空いている工場を利用して開業することもできます。営業しているガレージは関東地方が中心ですが、九州・沖縄にもあります。