ローソンの経営って儲かるの?その仕組みと考えられるリスクとは?

公開日:2015年05月30日
C5577c5a3a233e6c

ローソン経営の主な仕事内容とは?

まず、ローソンの経営は本部とフランチャイズ契約を結ぶことから始まります。
その後、様々な研修・準備を経て開業。
基本的な経営者の仕事内容は、何を仕入れるか種類や量を決めたり、従業員の教育を行うこと、売り上げの管理などです。

このように様々な内容の仕事がありますが、最も大事なのは従業員の教育です。
人財教育では、アルバイトスタッフをまとめる、リーダーとなる人に向けての研修が用意されているので安心。
人に接客を教えた経験がない、ノウハウがない、自信がない…という人もしっかり接客が出来る従業員を育成できます。

ローソンの収益の仕組み・経営に必要な費用

売り上げた金額から本部に支払うロイヤリティーは、ローソンの場合は本部が土地建物を用意した場合は45~60%、オーナーが土地建物を用意した場合は41~21%となります。

その他にも、仕入れなどの費用やアルバイトスタッフに支払う人件費、電気代など様々な費用を支払ったうえで残ったものが自分の収入となります。フランチャイズとは言っても、通常の経営と同じ運営方法になります。

経営においては沢山の費用が必要となりますが、"ローソン"という大手の看板を掲げることができます。それが沢山の顧客を呼び込んで高収入を生み出していきます。

ローソンの経営理念・高収入のヒミツ

アルバイトスタッフ向けの研修や本部スタッフからの教育についてのアドバイスを受けることで、より良い人財を育成。頼れるスタッフを育成することが出来るから、自分の時間もしっかりと持つことが出来ます。

また、ローソンは"マチの健康ステーション"を作ることを目標としています。より地域に密着した仕入れや接客方法でリピーターを増やし、地域に貢献。人の暖かさを感じられる、やりがいのある仕事をしながら、自身の収入をアップさせることが出来ます。