ローソンで起業したい人必見!ローソン経営におけるポイント3つ

公開日:2015年06月01日

Ae2a9eafeb48e2a4

地域やニーズに合わせた豊富な業態展開で売り上げアップへ

数あるフランチャイズビジネスで、コンビニは既に確立されたビジネスモデルであるため、検討されている方も多いのではないでしょうか。初めて起業する方でも、実績や仕組みがあり、経験がなく不安に感じている人でも始めやすいという利点があります。

特にローソンは通常のローソンだけでなく、多くの商品を100円(税別)で販売するローソンストア100、美や健康をサポートするナチュラルローソンといった地域や時代のニーズに合わせた豊富な業態があります。起業する地域に合わせたコンビニを経営できることが、売り上げをアップさせるポイントと言えるのではないでしょうか。

独自性を高めてより地域に根ざした店舗づくり

様々な種類のローソンがありますが、起業する人が増え続けるからこそ、独自性を重視しており、現在も新しく健康に関連した商品を取り扱う"ヘルスケアローソン"といった業態展開をしています。

コンビニのメリットである豊富な品ぞろえに加え、OTC医薬品、日用雑貨、生鮮食品といった生活に欠かせないアイテムも多数取り扱うことによって「ローソンにいけば何でも揃う」という店舗づくりが可能です。

他の店に買いまわる必要がない"ワンストップショッピング"を実現することでより地域に必要とされる・何度も人が訪れてくれる、そんなお店となっていきます。

様々な企業との連携で作るローソンならではの充実したサービス

生活に必要な食品や日用品などを多く取り扱うコンビニのフランチャイズは、ニーズが高く顧客の年齢層も幅広いため、安定したサービスを提供できるのではないでしょうか。特にローソンはいち早く全国展開しており、地方での知名度はトップと言えるでしょう。

ロッピーやマチカフェといったコンビニの枠にとどまらないサービス展開をしたり、「マチの健康ステーション」といった方向性を打ち出したり、ローソン独自の戦略で多くの顧客をローソンに呼ぶことができることは、コンビニ業界の中でも魅力です。