知名度抜群のローソンのフランチャイズで開業して期待できる年収

公開日:2015年06月16日
E82a03b727a089c6

未経験の人は最初は月収30万円が保証されのちに、オーナーとして独立を目指す

ローソンは街中にたくさんあり、ほとんどの人がお店を利用したことがあるかと思います。しかし、実際にフランチャイズでお店を経営するとなると、未経験の人の場合は不安がつきまといます。

そこでFCオーナー・インターン制度というのがあります。これは最初の1~3ヶ月間、実際のお店で契約社員として働いてから独立開業する制度です。そしてその際の給与は月額は30万円です。まだオーナーになる前であるため、給料という形で支給され、金額も保証されています。これを足がかりに独立開業を目指すことができます。

フランチャイズならではの万全のサポート体制で安定した経営へ

フランチャイズの良いところは、抜群の知名度がある状態で事業を開始できるということだけではありません。本部からのサポートを受けることができるということも、大きなメリットとなります。

ローソンではSVが定期的に訪問して、対等な関係で適切にアドバイスをしてくれます。また研修会なども定期的に開催され、他のオーナーと交流をもち情報交換をすることもできます。こうした取り組みで成長し、安定した経営に繋がります。

コンビニの複数店舗経営で年収2千万円以上

コンビニフランチャイズの特長として、複数店舗を経営している人もいます。ローソンの場合は複数店舗を経営しているオーナーの割合は全体の39%となっており、3人に1人以上が複数店舗を経営しています。

コンビニオーナーで高収入と言われている人たちは、複数店舗を経営しており、お店の大きさによって異なりますが、年収2千万円以上の人もいると言われています。

この記事を読んだアナタにおすすめ

誰もが一度は検討する「コンビニフランチャイズ」を知る!