他のコンビニフライチャンズとの差別化!低資金開業「ミニストップ」

公開日:2015年05月18日

0f18b542bfea2562

ミニストップはここが違う!独特のシステムを持つミニストップ

世の中に数多あるコンビニエンスストア、そこで勝ち抜くためには他の店舗との差別化が必要不可欠です。その差別化の1つがミニストップの展開する「コンボストア」です。

「コンボストア」、これは「コンビエンスストア」と「ファストフード」が融合した形を名称にした物です。ミニストップでは店頭で揚げ物やソフトクリームなども販売、その品揃えはファストフードそのもので、このファストフード商品を買うためだけのお客様もたくさんいます。

この他のコンビニにはない営業形態、これで激戦のコンビニ業界を勝ち抜いていくのがミニストップの戦略です。

4つの契約タイプを用意。自分に合ったプランが選べます

ミニストップではオーナーさんが土地・建物を用意するタイプ、ミニストップで土地・建物を用意するタイプの2つに別れ、その中でさらに2つのタイプ、全てで4つのタイプがあります。

その中でも建物・内外装・販売設備・賃料を全て本部が提供するMLタイプだと加盟金250万円で開業することができます。さらに資金が少ない方には融資制度もあり、少ない資金でも情熱があればすぐにコンビニ経営を始めることができます。

充実の研修・開店後の教育体制で充実したコンビニ経営を

コンビニを経営するオーナーさんにはまずオーナートレーニングを受講し、コンビニ経営に必要な知識・技術を学びます。またコンビニを経営するには質の高い従業員が不可欠です。ミニストップでは独自のスタッフ教育システム「イエローテイルプログラム」を用意し、あなたの片腕となるスタッフの教育にも力を注いでいます。

コンビニ業界の店舗増加はやや緩和傾向にあります。しかし売上はどんどん拡大しています。他のコンビニと差別化を図り、この競争を勝ち抜いていく。コンビニ経営に興味のある方は是非検討してみてください。