珈琲専門店「M.M.Ccoffee」FCで飲食店開業に進出

公開日:2015年07月19日
2eba6863a449b223

「M.M.Ccoffee」FCで目指すコーヒー専門店開業

昭和32年横浜市に創業した有限会社三本コーヒー店は昭和48年にはフランチャイズ事業に進出。本業であるコーヒー豆の焙煎加工業に邁進しつつ消費者への販売チャンネルを自ら築き上げてきました。

高品質のコーヒー豆から最新の技術で焙煎加工した商品を顧客に提供するとともに、熟練の技術で抽出した飲み物としてサービスできる環境も整え日本の珈琲文化の成熟に貢献しています。「M.M.Ccoffee」ブランドは新規開業オーナー募集中です。

安定開業まで一直線「M.M.Ccoffee」FCの着眼点とは

三本コーヒー株式会社は研究部門を設置してコーヒ豆についての基礎研究を続けています。当初は味や香りの研究成果を応用して、より美味しい珈琲の抽出法や飲み方を提案することを対象としていましたが、研究対象を健康食品にも広げ有益な結果を出し新商品開発企画への情報提供なども行っています。

健康志向と厳格な品質管理が「安全・安心のコーヒー」を生み出し健康に関心がある顧客からの信頼も厚くなっています。新規開業オーナーもこの信頼を受け継ぐことができるのです。

きめ細かな本部バックアップ「M.M.Ccoffee」導く安定開業

加盟店の新規開業出店は、マーケティングと経営戦略に基づいて立地場所が選定されます。また地域の特性に応じた店舗展開の指導が行われます。オープン前後には、経験がある専門スタッフから直接助言を受けられる体制が整えられています。

開店後もM.M.Ccoffeeは各地で毎年行われる展示会やPR誌の定期発行など継続的なフランチャイズ店舗支援活動た実施されています。M.M.Ccoffee本社のプリントショップではメニューやチラシ、商品のPOPなど販促ツールの印刷サービスが用意され加盟店の広告宣伝活動を支援しています。