『おたからや』の株式会社いーふらん代表【渡辺喜久男】氏と勝間和代氏のスペシャル対談(2)

20150501173420

渡辺喜久男

株式会社いーふらん代表取締役。2000年に神奈川県横浜市に本店をオープン。20代で経験した骨董品の販売での失敗を活かし買取ビジネスを開始し、2008年にはFC事業を展開。

勝間和代

経済評論家、中央大学ビジネススクール客員教授。早稲田大学ファイナンスMBA、慶応大学商学部卒業。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。

月間2000万円を売り上げる店舗も!

勝間和代:

一番うまくいく方で、どのくらい売り上げを上げられる方がいらっしゃるのですか?

渡辺喜久男:

平均的には月に数百万円、多いところでは月に2000万円の買取をする方もいらっしゃいます。

勝間和代:

月に2000万円。スゴイ金額ですね~!!そうしますと、お客様の信頼を得れば得るほど売り上げも上がるというわけですね?

渡辺喜久男:

そうです、店の立地が特別いいというだけではなくて、お客様からの信頼、コミュニケーションの取り方が上手と言ったところで売上も変わってきますね。

勝間和代:

立地はやはり良いにこしたことはないのですか?

渡辺喜久男:

立地がよくないところでも数字がよいところが多々ありますので、一概には言い切れませんね。それよりも、やはりお客様とのコミュニケーションを上手にとれる方が重要なのです。

仕事を楽しみながら、複数店舗展開へ

勝間和代:

複数店舗の開店も可能なんですね?

渡辺喜久男:

今、多い方は6店舗くらい出店されているオーナーもいます。

勝間和代:

そうしますと1店舗うまくいってから、皆さん徐々に広げていくわけですね?

渡辺喜久男:

最初は一店舗なんですけど、どんどん増やしていきたくなるようです。

勝間和代:

それはうまくいっているからなんでしょうね!

渡辺喜久男:

そういうことですね。

勝間和代:

うまくいかなかった時にも、在庫リスクがないので、変な話、畳んでおしまいと言うことですよね(笑)

渡辺喜久男:

何も処分するモノがないですから、大変参入しやすい。うまくいかない場合にも、場所を変えてやって頂くということも、本部に追加で費用が発生するということはありませんのでね、そういうことをされている方もいらっしゃいます。

勝間和代:

オーナー希望の方はとりあえず近所のおたからやさんに、様子を見に行っていただくといいですね!!

渡辺喜久男:

そうですね。近くのお店に問合せをして頂いたり、実際に行って頂いて、話を聞かれるのも可能です。

勝間和代:

オーナーさんにお話を聞かれてもいいのですか?

渡辺喜久男:

はい、大丈夫です。お客様として様子を見に行くのもいいのではないでしょうか。

勝間和代:

その中でうまくいっているお店を見習いながら、自分も同じようにできるか想像をして頂くと、よりビジネスのイメージが湧きますよね。