学習塾「ペガサス」フランチャイズ教育事業だからこその利益率を分析

公開日:2015年08月28日
Bf476ca8b1da6838

注目度NO.1学習塾「ペガサス」FCオーナーの安定経営とは

「ペガサス」は1985年。1クラス3名制の個別指導学習塾1号店をオープン。当時としては画期的なシステムで以後驚異的なスピードで教室を増やします。1995年からデジタル教材を使った指導スタイルに変更、工夫を凝らした改良を重ねつつ2015年ICT教育システム(インターネット経由でタブレットやラップトップによる指導スタイル)の採用に辿り着きました。

常に最先端の技術を積極的に取り入れる「ペガサス」は、他の学習塾の追随を許しません。先進の指導メソッドで新規開業オーナーでも安定した売上が期待できます。

フランチャイズ・オーナー夢じゃない経営「ペガサス」の安定度

「ペガサス」は1995年導入のデジタル教材学習で、生徒の自立を促した学習システムを取り入れました。生徒の興味を刺激し自らステップを掛け登っていく工夫が凝らされたシステム。指導効果に大きな好影響を与えるばかりでなく、指導を統括する講師の作業も効率化することにより、講師一人当たり生徒50名程度まで担当することが出来ます。

これは塾経営から見た場合人件費コストの大幅カットを実現します。一般の個別指導塾の利益率30%と比較して、「ペガサス」は65%~85%という卓越した数字をたたき出しているのです。

羨ましすぎる高収益「ペガサス」がっちり支える本部サポート

学習塾「ペガサス」FC本部は新規開校オーナーが開業に必要とする塾経営の知識と技能を修得するため、完成度が高い研修を実施しています。塾経営の根幹の基礎知識、そして経営に必要不可欠な「戦略・戦術」を修得することができます。

教育事業がはじめてでも円滑な日常業務を遂行することが可能。開校後は比較的自由に各オーナーの裁量を認めた運営が認められています。