リハビリ型デイサービスをフランチャイズ展開するQLCプロデュース

公開日:2015年04月18日

20150426232535

未経験者でもチャレンジ可能 異業種からの参入が95%

リハビリ型デイサービスの運営、リサイクルショップの販売情報管理システムの提供、自転車の販売・レンタルといった全く違う事業を手がけている「QLCプロデュース」が、特に力を入れているのがリハビリ型デイサービスのフランチャイズ展開です。

高齢者社会でお年寄りの健康管理へのニーズは高まる一方で、異業種からの参入が95%にも達します。入浴や食事といったリスクの高い介助はないので、未経験者でもチャレンジできるからです。

介護度が軽い人が対象 事故のリスク低く安心

このビジネスは、寝たきりになりたくない、家族や他人からの介助・介護を受けたくない、できる限り昔と同じような自立した生活をしたい、というお年寄りの願いをかなえるという社会的な意義を感じられ、やりがいがあります。要介護認定を受けたお年寄りの中でも比較的軽度の人を対象にしているので、リハビリ中に事故が起きる心配が少ないのも魅力です。

ただし、この事業をするには介護保険事業者の認定を受ける必要があるので、個人で起業して参入を目指す場合は、事業主体を法人化する必要があります。

マシンを使い、軽くて多彩な運動メニュー

QLCグループのリハビリ型デイサービスの取り組みでは、加齢による体力低下、病気や怪我で失ったり衰えたりした運動機能を回復させることで健康長寿を目指しています。

眠ってしまった筋肉や神経、動き方を忘れてしまった筋肉を呼び覚ますためのパワーリハビリ、身体の衰えが目立つお年寄りのためのトレーニング「CGTプログラム」といった運動メニューで身体の動き方を思い出してもらうトレーニングを、マシンを使って行います。マシンは入浴や階段の上り下りよりも負担が少なくなるよう設計されているので安心です。