健康志向で人気上昇中!サンドイッチ『サブウェイ』フランチャイズ

公開日:2015年05月26日
7cfe808c4cdba55d

オーダーメイドサンドイッチをフランチャイズ展開する『サブウェイ』

もともとアメリカでチェーン展開している『サブウェイ』が日本上陸しました。ファストフードの店舗数としては、なんとマクドナルドを抜いて世界一!日本でもフランチャイズ展開し、着実に店舗数を増やしています。

パン生地から具、ソースまで、自分で選ぶ「オーダーメイドサンドイッチ」が主な商品で、特に日本では野菜たっぷりのヘルシーさを前面に打ち出しています。そのユニークさと健康志向から、特に若い女性の人気を集め、ビジネス街でも多くみられるようになっています。

『サブウェイ』なら低投資でフランチャイズ開業可能!その理由とは?

ハンバーガーなどと違い、『サブウェイ』のサンドイッチは調理に火を使いません。オーダーを受けて準備済みの具を挟んだらそれで出来上がりです。油を使わないヘルシーさとは別に、これには大きな利点があります。

店内での調理が必要ないため、店舗面積は一般的なファストフード店の半分ですみます。店内飲食なしのテイクアウト専門店にすれば、さらにコンパクトな店舗でOK。結果として、比較的低投資でのフランチャイズ開業が可能となっているのです。

サントリーのスケールメリットを生かす『サブウェイ』フランチャイズ

もともとアメリカ生まれの『サブウェイ』ですが、日本ではサントリー子会社の「日本サブウェイ」がフランチャイズをしています。そのため、サントリーのスケールメリットを生かした効率的な経営が可能なのです。(2015年12月現在)

商品価値を大きく作用する食材の調達から、開店前・開店後のバックアップまで、本部のしっかりしたサポートがあるので安心。MC(マーケットカウンセラー)と呼ばれる専門スタッフに相談に乗ってもらえます。

※参考:『東洋経済ONLINE』サブウェイをいま手放す、サントリーの本音 ブームに陰り「野菜のサブウェイ」の再生は?