ハンバーガー・ファーストフードショップの「ファーストキッチン」で新規FC開業

公開日:2015年04月21日

20150421141859

関東を中心に129店舗を展開する「ファーストキッチン」

1977年9月に創業したハンバーガー・ファーストフードショップ「ファーストキッチン」は関東をメインに出店、現在は中部、近畿にも展開し合計で129店舗で営業中です。

グランドメニューとしてハンバーガー&サンドイッチ、パスタ、フレーバーポテト、ドリンク、フロート、デザートとセットメニュー各種を取り揃えています。

「ファーストキッチン」「水と生きる SUNTORY」の子会社

「ファーストキッチン」は親会社サントリーグループの一員として環境に配慮した企業活動を展開しています。

具体的には「人と自然と響きあう」持続可能な社会を次世代に引き渡す。水を大切に扱う。省資源省エネ、CO2排出の削減などを実践しています。

また顧客との7つの約束を具体的に示し、顧客満足度の向上を常に心がけています。

安定的な成長を示すハンバーガーショップ「ファーストキッチン」

「ファーストキッチン」では他のハンバーガーショップでは取り扱っていないパスタやフレーバーポテト、フライドチキン等のサイドメニューなどをメニューに加えて独自色を出し売上げ高では業界4位のポジションを獲得しています。

資本金1億円に対して2012年12月期の売上高は100億円。正社員180名、アルバイト・パート約3,000名で運営されています。