八縁・串まんのフランチャイズ経営、オーナーに魅力の2つの特長

公開日:2015年06月25日
3109576e2c50dedc

起業しやすい。フランチャイズと独立店のメリットを両立。

数多くの飲食店ブランドを展開するマルシェ株式会社。その中の2つが八縁と串まんです。八縁は、ホルモン焼などの低価格メニューが中心の居酒屋。串まんは、大阪を代表する庶民の味・串カツの店です。

両ブランドの経営には、オーナーに魅力の2つの特長があります。1つは、起業しやすいこと。2つは、フランチャイズと独立店のメリットを両立していること。具体的にどんなことでしょうか?

少資金でも、未経験でも開業できる。起業しやすい八縁・串まん。

少資金でも開業できます。店舗・設備の初期投資を抑えるノウハウがあるからです。小規模店舗でも、居抜き物件や自宅の1階でも開店できます。設備も最低限あればOKです。八縁は炭火焼と板場、串まんはフライヤーがあるのが最低条件。オーナーが低投資で開業できるから、起業しやすいのです。

未経験でも開業できます。手厚いサポートがあるからです。事業説明から、物件調査、立地診断、加盟契約、工事、開業前研修まで。本部からの手厚いサポートがあります。飲食店未経験のオーナーでも、開業までにノウハウを身につけられる。だから起業しやすいのです。

フランチャイズの便利さと独立店の自由さを両得して店づくりできる。

フランチャイズの便利さは、開業前のサポートだけではありません。開業後にこそわかるでしょう。たとえば仕入れ。買い出しに出回る必要はありません。食材は本部で一括調達。少量でも直営店と同じ価格で仕入れできます。方法も簡単です。専用端末から必要な物を入力するだけ。翌日の開店前には配達されます。仕事を効率化し、オーナーが売上アップに集中できる仕組みです。

一方で、独立店のような自由度の高さがあります。たとえばメニュー構成。オーナーの得意分野を生かして決めることができます。営業時間や店名も独自に決められるほどの自由裁量。オーナーの思いを形にする店づくりができる仕組みです。