「太鼓センター」フランチャイズ店経営でカルチャー・ビジネス

公開日:2015年06月14日
67d86999e1164c96

「太鼓センター」フランチャイズオーナーの安定年収とは

昭和63年に創業した「太鼓センター」は幅広い年代の男女の受講生を指導してきました。首都圏・近畿圏をメインとして拠点を増やし受講生は3500人となっています。

競合他社がない現状においてこの数字は更なる受講生の増加の余地を示すものだと考えられます。新規参入を検討しているオーナーにとっては未開の市場を開拓する経営の醍醐味が眠るマーケットです。

安定した年収の根拠を持っている「太鼓センター」FC

日本独自のカルチャーは今や日本の国内外で再評価され注目を集めています。和太鼓演奏もその一つ。今後は既存拠点以外のエリアや海外出店も視野に入れてフランチャイズ展開を進めています。

和太鼓演奏指導のフランチャイズ事業ブランドは「太鼓センター」が世界で唯一のものです。既存拠点において多くの生徒が長期間通い続ける実績があることから、新規開業エリアにおいても安定した経営が望めます。

フランチャイズオーナーの年収を支える本部サポートとは

開業前には「太鼓センター」の研修制度によって運営ノウハウを習得できます。器楽演奏や事業経験が無い方でも安心して開業することができます。

また開業後もフランチャイズ本部からの緊密な連携とバックアップ体制が整えられています。35年間の経験の蓄積によって構築された授業プログラムやテキスト類を提供。

インストラクターや必要器材の準備についてもサポート。運営のマネージメントも実戦の場でオーナーに指導することで安定した経営に誘導します。