フランチャイズマンション業界トップの「ユーミーマンション」

公開日:2015年05月13日
8a872801fa7415a3

大きなスケールメリット 全国に5,800棟、70,000世帯が入居

マンションのフランチャイズって、あまり聞いたことがないなあ、と思う人が多いかもしれませんね。ところが本業はもちろん、副業としても賃貸マンションを経営をしている人は多く、スケールメリットを求めてフランチャイズに加盟してのマンション経営が人気なのです。

中でも鹿児島市に本社を持つ弓場建設が展開する「ユーミーマンション」はフランチャイズマンションのパイオニアです。加盟社は全国約70社で、5,800棟に70,000世帯が入居し、「賃貸マンション建築FC建築戸数(RC造)日本一」 (東京商工リサーチ調べ)の実績を誇ります。

合言葉は「低家賃宣言」 建築費を抑えてローコスト実現

賃貸マンション経営の成否は信用が大きく左右します。その意味で大きな力を発揮するのが、フランチャイズマンションのパイオニアというブランド力です。このブランドをバックにすればマンション経営の経験のない人でも、効率的なマンション経営が可能です。

ユーミーマンションの合言葉は「低家賃宣言」です。家賃が安いから入居率は高くなります。入居率は高くても、家賃が安いのでは利益が出ないのでは、という不安はもっともです。しかし建築費を抑えたローコストが売りなので、オーナーの採算性を確保したうえで、競争力のあるマンション提案ができるのです。

営業・技術マニュアル支援 カタログ、機関誌などの販促ツールも

低家賃宣言のおかげで、ユーミーマンション の全国の入居率は98%にもなります。全国ブランドなので県外から転居してきた人のユーミーマンション を指定しての住み替えも多いのも特徴です。

フランチャイズ起業すれば加盟金やロイヤルティが必要です。入居率の高さは魅力だけど、お金を払う以上、これに見合うサポートが受けられるのかも気になります。サポート体制を調べてみると、長年の経験に基づく営業や技術面のサポートをはじめ、総合カタログや施工実績カタログ、各種チラシ、機関誌などさまざまな販促ツールが用意されているのです。