需要の高いお弁当業界「ほっかほっか亭」フランチャイズでステップアップ開業

公開日:2015年03月25日

20150331120253

温かさを届ける『ほっかほっか亭』の信念は「3H」

『ほっかほっか亭』は創業前、お弁当は冷たいのが当たり前という時代に、温かいお弁当を食べた時の嬉しさから生まれました。

『ほっかほっか亭』の信念は、常に温かいお弁当を届ける「Hot」、心を込めて「Heart」、まじめに「Honesty」の「3H」です。現在は、ライフスタイルの変化や女性の社会進出に伴い、お弁当業界の需要は増加していますが、『ほっかほっか亭』は、需要の増加に慢心することなく、フランチャイズチェーンとして「3H」の「あたたかさ」を全国に届けるべく、邁進しています。

様々なオーナーシステムで、ステップを踏みながら開業へ

『ほっかほっか亭』には様々なオーナーシステムがあり、始めてでも経営を実践しながら学ぶことが出来ます。文字通りのフランチャイズシステムの他に、

・フレンドオーナー
本部直営店に研修に入り、調理や接客などの基本作業から、発注・勤務シフトの作成などの管理業務を学びます。

・フランチャイズシェアオーナー
希望する場所での新規出店の際、工事費用の70%を本部が立て替えて負担する制度です。

などがあります。ステップを踏んでからの開業が可能なので安心です。

食の安心・安全・・安定供給と研修でバックアップ

開業後は、品質管理室中央研究所が集中して、各加盟店が常に安心、安全な食べ物をお客様に届けられるよう、管理しています。また、お米は自社で精米し、徹底した品質管理を行っています。

『ほっかほっか亭』がお届けする、信念「3H」の中の「Heart」や「Honesty」は、この様な食品の管理体制や徹底した研修制度によって各オーナーに伝えられるフランチャイズの長年蓄積してきたノウハウによって育まれています。それが、『ほっかほっか亭』が多くのお客様の心をつかんでいる所以なのです。