介護リハビリ「ベストケア」フランチャイズ経営の特徴とメリット

公開日:2015年06月30日

Eaae03e8947bac0a

「ベストケア」フランチャイズオーナーの推定年収とは

「ベストケア」は介護ビジネスに参入して15年を越える事業実績の中でたどり着いた結論は、従来のリハビリには限界があるということです。これまでのリハビリは医療リハビリを延長したものでしかなく、機能訓練にこだわってしまい、訓練をすることにフォーカスを合わせたリハビリに終わっていたのです。

「ベストケア」では、利用者の「このように生活したい」との欲求を見つけ出し、一歩も二歩も踏み込んで、その目的に応じた「介護リハビリ」という新しい考え方に基づいたリハビリを提供していきます。FC店舗の経営を支え売上につながっていきます。

安定年収を目指すなら「ベストケア」フランチャイズ繁盛の秘訣

「ベストケア」はサービス提供時間が、これまでの6時間30分から最長9時間30分にまで延長できることに制度が変更されたことをビジネスチャンスとしてサービス内容や時間延長に対応したメニュー作りを行っています。

6時間30分の制限で、これまでにできなかったことをサービスできるようになったわけです。その一つが単に訓練でしかなかったリハビリから進化した介護リハビリであり、利用者とその家族に新しい効果を届けています。フランチャイズ店舗の経営に貢献し売上を伸ばします。

安定年収に好影響!!本部サポートの威力「ベストケア」

ベストケアの創立は平成11年7月、平成12年4月に松山で訪問介護の事業をスタート。平成14年にはデイサービスセンターを設立して今日まで事業を充実し拡大させて来ました。

介護ビジネスに携わって15年の経験と実績を持っています。新たに参入する新規開業オーナーに対しては親身で丁寧に介護事業経営ノウハウを提供し、介護リハビリサービ押すを拡充するとともにFC店舗の売上を見守りオーナーを安定化した経営に導きます。