新機軸宅配ピザFCテン・フォーで飲食店経営に挑戦する

公開日:2015年06月17日

855b34c949253496

新機軸宅配ピザFCテン・フォーFCオーナーが期待できる安定年収とは

「 北海道 函館発の 10.4 」宅配ピザFCテン・フォーは競争の厳しい業界に参入し業績を伸ばしてきました。1990年以来日本中に200店舗を超えるまでに成長し続けています。

毎月 のランニングコストを抑えて収益を出す経営のノウハウ。同業他社がひしめくマーケットにおいて魅力的なキャンペーンや特別企画、プロジェクトを繰り出しています。

何よりも「美味しさ」と「強い価格競争力」で売上を伸ばし、フランチャイズオーナの安定した年収に貢献しています。

安定年収の期待も可能な新機軸宅配ピザFCテン・フォーとは

寡占状態にある宅配ピザ業界で実績を積み上げていくために「テン・フォー」が辿り着いた数々の営業戦術。これらが詰め込まれた「店舗運営システム」によって導き出された「小商圏出店」戦略が業績に貢献しました。

狭いエリアでのNO1を目指すことによって様々なメリットが見えてきました。例えば宅配距離が短いことによって短時間での配送が可能となり営業効率を高めることができます。

それは利益率、人件費、売上すべてに好影響を与えるのです。最終的にはフランチャイズオーナの年収に跳ね返ってきます。

新機軸宅配ピザFCテン・フォーによって得られる安定年収の根拠とは

他の大手宅配ピザチェーンに伍して売上を伸ばしていくための「テン・フォー」本部サポートは何よりも美味しい商品づくりです。

フランチャイズ本部は北海道という食の宝庫を舞台に新しいメニューを開発して各店舗に配送しています。また従来他店にはない「のせて焼くだけかんたんピザ作りセット」などユニークなものを数多く取り揃えています。

また高齢化社会を迎えつつある現状を踏まえた世代・性別を超えて愛されるメニューで顧客ニーズに応えています。リピータを獲得することによって自ずと売り上げはアップして店舗経営とオーナー年収に好影響を与えます。