豊富なバリエーション飽きない「テン・フォー」FC開業の魅力

公開日:2015年07月29日
9b70bbcafcd1e5e5

「テン・フォー」FCオーナーの開業を試算してみたら

宅配ピザの「テン・フォー」は1990年に函館で一号店を立ち上げて以来日本中に200店舗を超えるまでに成長し続けています。毎月のランニングコストを抑えて収益を出す経営のハウツーが編み出されフランチャイズ店舗で実践されているのです。

他店とは異なる魅力的なキャンペーンや特別企画、リピーター獲得を目指したプロジェクトを次々と実施しています。宅配ピザの「テン・フォー」フランチャイズ本部は新規開業を希望するオーナ候補者を募集中です。

目立つオーナー開業「テン・フォー」のビジョンとは

「テン・フォー」が開業した当時、すでに寡占状態にあった宅配ピザ業界で実績を積み上げていくために「テン・フォー」が試行した営業戦術が詰め込まれた「店舗運営システム」。種々のデータを分析して辿り着いたのが「小商圏出店」戦略。

狭いエリアでのNO1を目指すことが業績拡大の近道であるという法則を打ち立てました。例えば宅配距離が短いことによって短時間での配送が可能となり営業効率を高めることができます。結果として利益率、人件費、売上すべての営業成績に跳ね返ってきました。新規開業オーナーが目指す方向も同じです。

行き届いたサポートがオーナー開業に好影響を与える「テン・フォー」

「テン・フォー」の本部サポートはオリジナリティー溢れる美味しい商品づくりです。フランチャイズ本部は北海道という食の宝庫を舞台に新しいメニューを開発して各店舗に配送しています。

新メニューは顧客を飽きさせずリピーターとして囲い込む手段の一つです。また高齢化社会を迎えつつある現状を踏まえ幅広い世代に好まれるメニューで顧客の関心を刺激し続けています。リピーターを獲得することは繁盛店を目指す一里塚です。新規開業オーナーが安心して参画できるFCブランドの一つです。