筑豊ラーメン「山小屋」にフランチャイズ加盟して飲食業にチャレンジ

公開日:2015年08月22日
53d45e0cc6dc8180

筑豊ラーメン専門店「山小屋」ここまで伸びるFCオーナー経営!!

筑豊ラーメン専門店「山小屋」は福岡県を創業の地としてラーメン専門店チェーンを展開。「山小屋」を運用するワイエスフード(株)は「九州筑豊ラーメンばさらか」「一康流ラーメン」のラーメン専門店ブランドも傘下としています。

昭和45年に生まれたこだわりの味のラーメンを作り続けて今や日本国内はもとより、海外ではインドネシア・タイ・フィリピン・ベトナム・マカオ・マレーシア・ミャンマー・中国・台湾に出店。2015年4月6日現在 119店舗を運用する国際的な企業に成長しました。

オーナー経営売上に貢献筑豊ラーメン専門店「山小屋」開業の凄さ

「山小屋」の「筑豊ラーメン」は創業者の緒方正年が昭和45年に立ち上げた一軒のラーメン店で美味しいラーメンの味を追求し、来る日も来る日も試行錯誤を繰り返して作り上げた至高の味です。その味を構成するのは秘伝のタレ、特製自家製麺、食材、スープ、盛りつけ。全て素材から拘って作り上げた何処にもないラーメンです。

ワイエスフード(株)は創業時の「味へのこだわり」を忘れず、FC加盟店と「味へのこだわり」を共有しながら、さらなる店舗展開を図っています。

開業の安定化を導く本部体制「山小屋」フランチャイズ

「山小屋」フランチャイズ本部が用意しているフランチャイズ・パッケージでは店舗面積15坪からの開業が可能。開業時に必要な資金200万円から。開業前の研修は無料。開業後の食材配送費無料と頼もしい条件が設定されています。

出店候補地についてマーケティング調査を行い収支の見通しなどについて検討。立地に問題が無ければオープンに向けて店舗の施工、備品調達、開業告知並行して直営既存店にて現場研修を実施します。開業時には担当のスーパーバイザーが密着してアシスト、その後も継続的なフォローが続きます。