「街角のお弁当屋さん」らいすあべにゅー 手作りの味のフランチャイズ

公開日:2015年05月18日

017f8a385db72294

キャッチフレーズは「ひと手間ひと工夫をかけて丁寧に」

「街角のお弁当屋さん」として、大阪を中心に、10店舗をフランチャイズ展開しているのが「らいすあべにゅー」です。ひと手間加えた手作りの味、お手軽便利、あったか味わい弁当をキャッチフレーズに、多彩な品ぞろえでサラリーマンや学生、主婦らの人気を集めています。

「ひと手間ひと工夫をかけて丁寧に作る」がポリシーで、お店で出している弁当は、「お持ち帰り弁当」「宅配弁当」「格安弁当」などジャンルは多彩。本場讃岐うどん店の「どん天勝や」も手掛けていてます。

飲食スペース不要なので狭い店でもOK 少ない初期投資で起業可能

フランチャイズで独立・起業する場合、弁当店の魅力は、何といっても初期投資が少なくて済むことです。飲食スペースを設ける必要がなく、狭い店でも出店が可能です。元が弁当屋であった店舗を使えば、設備をそのまま使えるので、費用はさらに抑えられます。

弁当屋といっても、お店でお客を待っているだけでは売り上げは伸びません。らいすあべにゅーでは、持ち帰り弁当に加え、パーティーや仲間うちでの打ち上げといったデリバリーのニーズに応えた宅配弁当やオードブルも提供して営業エリアを広げ、経営安定に努めています。また、不況の時代のニーズに応えた格安弁当もファン獲得に成果を挙げています。

開業・運転資金に力強い味方 その日の売り上げ、その場で現金

らいすあべにゅーでは、食材やソース類の仕入れのアドバイス、メニュー開発など経営ノウハウの指導を受けられるほか、同店の仕入れルートも活用できます。メニューにもオーナーのアイデアを生かした弁当を提供することが可能です。

起業したいけれど、開業や運転資金が…という人には弁当店はベストの選択肢です。一般のお客が対象なので、売り上げがその場で現金で入ってくるメリットがあります。売り上げが最も期待できるお昼どきに間に合わせるには、朝早くから仕事場に立つ必要があります。しかし、その見返りはその日のうちに戻ってくるのです。