TOEベビーパークは次世代を担う子供を育成する乳幼児教育事業

公開日:2015年04月10日

20150426171641

すでに全国展開となっているTOEベビーパークは成長力のあるフランチャイズ事業

株式会社TOEZは幼児向けの知育教室の運営を手がけておりフランチャイズ展開も実施している企業です。TOEZが運営するTOEベビーパークは、最新の脳科学に基づく知育教育で、子供と常に接するおかあさんに育児の方法を学んでもらう、家庭で実践してもらうという独自視点で展開している独創的な乳幼児親子教室です。

このTOEベビーパークは2011年からフランチャイズ展開をはじめており、すでに3年で200もの教室をオープンさせるに至っています。結果として首都圏エリアを中心に全国ではすでに419件ものTOEベビーパークが展開中となっているのです。

TOEベビーパークの人気を支える三つのポイント

TOEベビーパークでは良い脳をつくるアクティビティが150種類も用意されており、子供に合わせて柔軟に遊びを展開する力をおかあさんがたっぷり学ぶことができます。また育児を楽しむライフスタイルをお伝えしていきますので、家族みんなで育児を楽しむ方法や技術を学ぶことができるのです。さらにマザーリングというおかあさん必須の育児知識を学ぶことができ、子育てのプロになることができるのです。この三つのポイントがお母さんから大きな支持を得ているのです。

TOEベビーパークの0~3歳クラスに1年以上通ったお子さんのIQは平均で140、2年以上通った場合は平均で153という結果が出ているのです。一般のIQ出現率は0.6%以下となっていますから、その発育度合がいかに高いものであるかがわかります。

TOEベビーパーク事業の特長

このフランチャイズ事業は本部による教室運営代行となるため教室で働く講師は本部で採用育成して派遣します。また事務代行も本部で行われますので人件費や雇用リスクがありません。

さらに黒字化保証による運営代行をおこないますから事業リスクは徹底的に軽減されることになるのです。この事業は一度入会を決めたあとからは長期的な収入が期待でき、しかも口コミによる会員増加も期待できる安定した事業ということができるのです。