激動の居酒屋FC業界で老舗「養老乃瀧」でFC開業に参入する

公開日:2015年08月11日
4231b12142e909e1

「養老乃瀧」フランチャイズオーナーのキラリ光る開業とは

1938年に創業し、1956年に神奈川県横浜市に第1号店を開店した「養老乃瀧」 は、その後も順調に店舗網を拡大、居酒屋業界の中で最古参の老舗として全国に多数のフランチャイズ店舗を展開しています。

いまや複数のブランドを展開中の「養老乃瀧グループ」にあって「養老乃瀧」はやはりグループの中核的存在。フランチャイズ・システムの構築やビジネス・スタイルを開発・構築、一括仕入れによる食材購入費のコストカットなどの仕組みなども「養老乃瀧」が先駆けてきました。

オーナーが軒並み安定開業フランチャイズ「養老乃瀧」に注目

「養老乃瀧」のフランチャイズ本部は「繁盛」を目指すノウハウを提供。本部と店舗の相互の反映を実現させていきます。「養老乃瀧」のフランチャイズシステムでは、本部からは物流による食材・酒類・備品などの提供、情報支援としてのITによる受発注システムの提供、経営者や従業員の教育提供などがサービスされます。

フランチャイズを利用することによりネームバリューによる顧客の信頼性の獲得、スケールメリットを活かした大量仕入れによる低価格仕入れ、集中管理による合理化などを活用することができます。

安定開業を支える手厚いFC本部サポート「養老乃瀧」

「養老乃瀧」の開業形態は2種類から選択可能です。希望エリアでオーナー開業する「新規出店ケース」と「既存店の引き継ぎケース」の2種類です。「既存店の引き継ぎケース」では短期間での準備で始められ、店舗や従業員、固定客を引き継ぐことができます。

また加盟店従業員の独立援助制度など、「養老乃瀧」独自のユニークな制度もあります。オーナーは40代からの比較的若い年代も珍しくありません。また複数店舗経営も可能です。