需要拡大中!宅配水ビジネス【アクアクララ】のフランチャイズ

公開日:2015年04月20日

050689767618e72d

市場拡大中!フランチャイズを始めるなら今の「宅配水ビジネス」

近年、健康志向の高まりなどによりミネラルウォーターの市場が伸びている中、水の賢い買い方として「宅配水」を選択する消費者が、年々増加する傾向にあります。
日本ではまだ「宅配水」はそれほど普及しておらず知名度も発展途上という状況ですので、新規事業参入する余地はまだ十分にあります。

そんな中でアクアクララは、TVCMなどの販促活動を積極的に行っており、家庭用ウォーターサーバーで市場シェアNo.1の実績があります。

「代理店タイプ」・「フランチャイズタイプ」 選べるビジネス形態

アクアクララでは、代理店タイプか、フランチャイズタイプかのビジネス形態をオーナーが選択することができます。いずれのタイプも、ウォーターサーバーレンタルの申込みの受付たり、ウォーターボトルの配送や回収を行います。

代理店タイプでは、「アクアショップ」として、本部から商材を購入し、オーナー店舗にて製造以外の全ての業務(営業、商品の受発注、配送・集金、メンテナンス等々))を行います。

また、フランチャイズタイプでは、「アクアクララパートナー」として、水の製造を含めた全ての業務をオーナー店舗が行います。

【アクアクララ】の「事業参入支援制度」でオーナーをサポート!

アクアクララでは、【事業参入支援制度】があり、新規で宅配水ビジネスを始めるオーナーをサポートしてくれます。

「無料研修制度」では、ウォーターサーバーについての研修や、営業・設置等に必要な知識を学べる研修が用意されています。「サーバーサブレンタル」制度では、宅配水ビジネスを始める際のネックとなるウォーターサーバーの購入することなく、お客様に対してサブレンタルできます。

さらに、事業開始した際に必要な備品や販促品などをパッケージ化し「初期パッケージ」として通常より安く購入することができます。