メーカー・ブランドのPC教室「富士通オープンカレッジ」FCで開業

公開日:2015年08月15日

69f4dec93985c83b

「富士通オープンカレッジ」FCオーナー開業の充実度とは

「富士通オープンカレッジ」は中高年ユーザーと初心者向けに運営されているパソコン教室です。 Windows95発売の翌年1996年に開講し、富士通のパソコンを教材に個人や家庭のIT化に尽力してきました。

この業界では老舗のパソコン教室であり、富士通の研修部門に蓄積された育成プログラムを活用した教育システムになっています。また、「おもてなしの心」を重要視して、指導スタッフと受講生のコミュニュケーションの醸成を図りながら一人一人に合わせて理解が深まる指導メソッドを実行しています。

期待できる安定経営の源泉「富士通オープンカレッジ」の秘密とは

「富士通オープンカレッジ」は富士通ブランドを冠したパソコン教室の展開。集客には抜群の効果を示します。ビジネス展開に大きなメリットとなるのです。

特に中年層やシルバーエイジには馴染みのあるメーカー名であることも集客に一層のインパクトを与えます。指導方法は少人数のクラス制であり、指導スタッフ、受講生の間にできる信頼感によってサロンのように楽しみながら学べるパソコン教室が好評を博し、同業他教室とは明確な差別化によって展開しています。

「富士通オープンカレッジ」経営に貢献するFC本部バックアップとは

「富士通オープンカレッジ」は6ヶ月単位の講習プログラムで構成されています。募集は春と秋それぞれ2回スタートする講座制。また、集客時期が限定されることにより、広告費の出費は少額で済ませることができるのです。

次期講習プログラムの生徒募集のため、現受講生の継続受講を図ることが効率の良い運営となります。現受講生が次期講習を希望するように親睦を深めることも重要なポイントとなります。