安定したニーズを掴みとれ「便利屋!お助け本舗」FC開業に乗り出そう

公開日:2015年07月30日

C202d1d4d1a11acd

目指せ独立「便利屋!お助け本舗」フランチャイズで開業する手順とは

株式会社アシストリンク が運営する「便利屋!お助け本舗」は全国220店舗の規模を誇るチェーン網で、さらなる業績の拡大を図っています。

「便利屋!お助け本舗」は家庭内の様々な作業を代行するサービスを提供しています。「便利屋!お助け本舗」への依頼件数はこの3年間で約5倍に増加しています。「便利屋!お助け本舗」では、フランチャイズの新規開業を予定するオーナー候補者に参加を呼びかけています。

「便利屋!お助け本舗」フランチャイズで夢の開業を実現

最近の依頼状況をまとめてみました。高齢者社会を反映して独居老人や高齢者世帯の増加、同居率の低下、晩婚化などで、女性の単身者世帯が増える傾向にあり高齢者や女性の顧客からの依頼が急増しています。

依頼内容は、家具の配置換え、重量物の運搬、引越しの前後のユーザーによる片付けの補助、通販家具の組み上げなどから、お掃除、お買い物、庭仕事、家事全般、部屋の片付け、照明器具の取り付けや、電球の交換など、日常生活の困り事です。

「便利屋!お助け本舗」新規開業の必要資金の詳細とは

「便利屋!お助け本舗」の公式サイトに記載されている加盟費用は以下のとおりです。代理店加盟費 が102,857円 、開業実務研修費が71,999円また 販促・書類一式802,285円、これにはホームページ(PC・携帯)制作、契約関係書類一式開業時必要書類一式、営業ツール一式、販促物一式印刷物一式(チラシ大小各1万枚含む)、制服一式等が含まれています。

これらを合計した初期費用総額が 977,141円。その後の商標使用料月額51,428円(固定)が必要となります。