「餃子計画」フランチャイズ店開業で飲食店ビジネスに挑戦

公開日:2015年08月22日

8fee8a3a5b3e8971

浪速ひとくち餃子「餃々」でブレイク「餃子計画」FCの沿革とは

昭和 46年大阪で創業した中華料理店「研悟」を母体として「餃子計画」は「餃子の製造・卸業」「通信販売事業」や「外食事業(餃子専門店:浪速ひとくち餃子「餃々」チャオチャオ)」、大手スーパー内の「惣菜コーナー」の運営など事業を拡大してきました。

餃子専門店:浪速ひとくち餃子「餃々」は全国約40店舗で営業中です。「餃子計画」フランチャイズ本部は新規開業オーナー候補者を募集しています。

嬉しい安定開業の源泉「餃子計画」の企業力とは

「餃子計画」の母体である中華料理店「研悟」の創業者は「餃子の達人」と讃えられ、餃子の美味しさは他店を圧倒していました。「餃子計画」は先代である創業者より技を受け継ぎ素材から焼き方まですべてにこだわった餃子を提供し続けています。

「餃子計画」が提案するフランチャイズ・パッケージでは標準店舗面積10坪の小店舗運営を提案しています。小スペース店舗を徹底的に追求したことで、「低投資・低ランニングコスト」パッケージが実現。一等地と呼ばれる駅前や繁華街など店舗物件が捜し辛い立地でも、狭い敷地の出店・運営を可能としています。

頼もしい「餃子計画」フランチャイズ本部バックアップの中身

「餃子計画」が用意するフランチャイズ・パッケージにおいてスタッフはオープン前研修から始まり日々のO.J.T(実地研修)をベースに、接客のプロとして育て上げます。「少人数」と言うショップ体制を活用して各スタッフに密度が高い教育・評価を行います。

平常時2から3名、混雑時でも4から5名で切り回せるオペレーションを確立。メニュー品目を絞り込み、店内オペレーション・原材料の仕入・管理業務を単純化することに成功しています。また、原価率を抑えつつ顧客を満足させるメニューを取り揃えているのです。