目玉商品を引き下げてフランチャイズ開業ができる餃子計画

公開日:2015年05月20日
70c7ae820476a8a3

日本人が大好きな餃子を多くのお客さんに提供

日本人であれば、多くの方々が大好きな餃子を提供している「餃子計画」では、看板商品を目当てに多くのお客さんが来店しています。売り上げのうち、約4分の1を占めるチャオチャオ餃子が目玉商品となり、非常に多くの方の舌を唸らせているのです。誰もが食べたいと思えるような看板商品を持っているお店というのは、それだけそれでお客さんを惹き付けることができますから、フランチャイズを行う際にもとても有利な要素となるでしょう。

サイドメニューと組み合わせて効率的に販売

もちろん看板商品だけで経営が成り立つわけではないので、サイドメニューも考えていく必要はありますが、サイドメニューを一定数用意すれば、それを組み合わせて、目玉商品であるチャオチャオ餃子を一緒に注文をしてくれますよね。飲み物とか、その他の食べ物をある程度用意して、少数ながらも利益をあげていくスタイルを、餃子計画では考案しており、そのノウハウを今後開業されていく方に伝えていきます。

店舗は小規模で少ない費用で開業可能

お店は13坪程度あれば開業可能で、かつ初期費用としてかかるのは1400万円ほどです。メニューが少ないので、それらを作り、お客様に提供していくうえでのオペレーションも簡素化することが可能ですし、従業員は主にアルバイトを雇っていけば、継続的に発生するコストも少なくて済みますね。経営自体をリーズナブルに行えるという意味では、成功のへの可能性は高いといえるのではないでしょうか?