炭火やきとり「一番」でフランチャイズ開業・成功への道

公開日:2015年08月15日
F8db34ee873a1b18

「一番」フランチャイズオーナー候補者へのメッセージ?

株式会社店舗事業センター・やきとり一番本部事務所は炭火やきとり「一番」でフランチャイズ開業をするオーナーを募集中です。炭火やきとり「一番」は備長炭を使用した香ばしい味、一番値打ちのある焼き鳥を提供しています。

やきとり「一番」は、1982年に京都の一乗寺で一号店を開業以来30有余年、順調にチェーンの店舗数を伸ばしてきました。新鮮・安心・安全な国産の鶏肉。豊かな自然の中で大切に育てられた鶏の肉を使用しています。素材をおいしく 焼き上げると定評ある備長炭で、丁寧に焼き上げています。

期待できる安定経営の源泉炭火やきとり「一番」の秘密とは

やきとり「一番」では、各フランチャイズ・オーナーが個性を前面にだす自由な店づくりを推進しています。オーナーの裁量権を認めたシステム・ルールで運用されています。たとえば、接客の様式。おしぼりやメニューの出し方。各店舗のルールはオーナーが自由に設定できます。

やきとり「一番」が32年の歴史で培ってきたフランチャイズ運営の最良の方向性として辿り着いた結果です。フランチャイズ本部と各店舗が手を携えて成功への道を歩む体制が整えられています。

安定経営に貢献するバックアップ「一番」のフランチャイズ

「一番」FC本部が提案するフランチャイズ・パッケージではロイヤリティ月額が定額制の5万円。儲ければ儲けるほどオーナーの取り分として残るモチベーションが上がるシステムとなっています。

出店場所は、各オーナーの希望を考慮しつつ、繁盛店に必要な条件を満たす場所を見つけて紹介します。また各店舗では、オーナーの裁量権を認める中で、メニューにも独自の品目の追加が許されています。工夫次第で人気商品となれば売上に貢献します。