親子教育で急成長!「TOEベビーパーク」ってどんなフランチャイズ?

公開日:2015年03月24日
20150331115709

「乳幼児教育」と「外国語教育」、2つの成長分野を担う!

乳幼児教育は少子化にもかかわらず、成長を続けている分野です。また、グローバル化の波により、子ども向けの英会話教室の需要も急増。幼児・子ども向け外国語教室の市場規模は、2013年度でなんと【952億円】!

その中で、成長率№1を誇るのが、『TOEベビーパーク』。4年で増やした教室数は【250】。撤退率はたったの【0.4%】です。フランチャイズ加盟店の97%が未経験者と、「誰にでも始められる事業」なのです。

母親がオーナーに!?魅力的な教育法とは

脳の80%は、0~3歳の間に完成するといわれています。『TOEベビーパーク』では「最新の脳科学」に基づき、子どもの大事な時期に適切な教育を行っています。

その中で重視しているのが、「教育相談」や「家庭用アクティビティ」を通した”母親教育”。「叱らない子育て」などの教育理念に魅力を感じ、自らが加盟店となるお母さん方も多いのだとか。

フランチャイズ教室の立ち上げから運営に至るまでは、すべて本部が担当。人材育成や事務処理などの心配なく、理想の教育法を広められることも、加盟店増加の理由です。

損せず得取る!高利回りと2つの保証

不動産投資は高リスクですが、利回りは10%程度。ファンドだと3~5%、銀行だと2%前後にしかなりません。

『TOEベビーパーク』の初期投資額は約1500万円。収益利回りモデルは驚きの【16~48%】。会員ビジネスのため、”収益も安定”しています。さらに、黒字化するまで本部が運営する【黒字化保証】。フランチャイズ加盟店に「損させない仕組み」を生み出しています。