国内・海外チェーンを展開とんかつ惣菜「鎌倉こうえつ」で開業

公開日:2015年08月22日
9c2f95312a931272

「鎌倉こうえつ」フランチャイズ・オーナーの安定経営の背景」とは

日本の社会構造変化に合わせて食生活も変容しています。女性の社会進出や単身者世帯・高齢者世帯の増加は中食を支える惣菜市場に大きなインパクトを与えマーケットを成長させています。

家庭での調理時間の短縮→中食ニーズを高め、調理済み食品=惣菜の需要を押上げることになり、市場規模は6兆円超、あと数年で10兆円に達するという試算もあります。「鎌倉こうえつ」は世代を問わず人気が高いとんかつ、コロッケなど揚げ物単品及び詰め合わせ弁当を大型商業施設などで店舗を構えて提供しているのです。

海外にも進出「鎌倉こうえつ」人気惣菜で売上げアップ

寿司・すき焼き・神戸ビーフと日本食が世界的にポピュラーになる中、トンカツを好みの日本食として上げる外国の有名人も少なくありません。

とんかつ惣菜「鎌倉こうえつ」 は横浜を起業の地として、首都圏・新潟県に41店舗と、カツサンド専門店「浪漫館横浜」1店舗を展開しています。またタイと上海に合計4店舗が営業しています。また店舗内飲食以外にテイクアウト販売も行い好評を博しています。

安定した開業を支える本部サポートを持つ「鎌倉こうえつ」

大手ショッピングセンターの中での「鎌倉こうえつ」の販売は顧客層、顧客の質、購買意欲、購買力どれをとっても路面店に勝ります。立地で既にアドバンテージを持った業態であるといっても過言ではありません。

「鎌倉こうえつ」では開業時から採算ベースにのせることが期待できます。とんかつは人気の面でも、価格の面でも単価が高いので相乗効果で売上の主力です。FC本部からは安定的に上質の食材が提供されます。FC本部のベテランスタッフによる熱心な一ヶ月の研修で未経験者でも専門店の味に仕上げる技術を習得することができるのです。