視力測定車で不況脱出「ニッセツ」FC経営に挑戦する

公開日:2015年06月30日
029bfb85b12fc46c

「ニッセツ」フランチャイズオーナー目指せ年収アップ

視力障害がありながらメガネをかけずに放置している人、または視力障害そのものに気づいていない人の総数は全国で約2,500万人と算出されています。

眼鏡の市場規模は5,000億円と言われ、高齢者の増加により1兆円にまで膨れ上がる巨大市場の誕生が予測されています。

「ニッセツ」は30余年来にわたり視力測定車の開発・販売業をフランチャイズ展開してきました。メガネを作りたくても時間がない、外出が億劫などの理由でメガネをかけずに過ごしている方々の潜在需要を掘り起こして眼鏡販売サービスを提供しています。FC店舗の経営の柱となり売上につながっています。

「ニッセツ」フランチャイズで夢の安定年収を実現する

「ニッセツ」が開発製造した視力測定車は『走るメガネ店』として顧客の視力測定に始まりフレームセレクトから販売までが固定店舗と同じようにサービスすることを可能にしています。
専用に改造された車内でオールインワンで完了する機動力が顧客に支持され、昭和48年第一号車誕生以来30年間で販売総数約7000台を数えています。

諸外国にも輸出され、株式会社ニッセツの卓越した企画力と技術力は世界でも認められています。メガネ業界の外商の先駆として培ったノウハウを注ぎこんだフランチャイズ事業も順調に推移しており、FC店舗の経営に貢献し売上を伸ばします。

キメ細かくサポート「ニッセツ」安定年収の近道を考える

「ニッセツ」FC本部では視力測定車による実際の営業現場の見学や社員への販売業務研修、光学機器の操作方法、メガネの外商を行う手順や話法まで、売上アップのためのハウツーを具体的に提供しています。

眼鏡販売が未経験の方でも、業務内容を理解し、必要な手順をマスターすることで、視力測定車を使ったメガネの移動販売をすることが可能になります。