民間保育事業フランチャイズ「プティット」開業の秘密とは

公開日:2015年07月14日

21b88b4d8931ff7d

注目度NO.1「プティット」FCオーナーの安定開業とは

民間保育事業フランチャイズ「プティット」はフランチャイズオーナを募集しています。ヤクルト社内での社員向け保育サービスの経験を盛り込んだ保育カリキュラムを用いて充実した保育・教育事業を実施しています。

「プティット」は株式会社ヤクルト山陽が1990年10 月に設立。以後順調に業務拡大し現在では山口県をメインに8ヶ所直営、フランチャイズ19ヶ所を始めとして順調に業務を拡大しています。

夢に終わらせないフランチャイズオーナー開業「プティット」の安定度

ヤクルトは、社員の保育問題にも取り組んできました。仕事を持つ女性を応援し、安心して働くことができる環境を整える制度開発および整備が行われてきました。

社内保育制度の経験によって培われた保育ノウハウを活かして民間保育事業に進出しています。子供たちと保護者のニーズをきめ細かく汲み上げ、バランスよく対応して保育問題の解決をサポートするフランチャイズシステムを構築し新規開業オーナーをバックアップする体制も整えています。

羨ましすぎるオーナー開業「プティット」がっちり支える本部サポート

民間保育事業「プティット」によるFC方式での事業展開はすでに19ヶ所で稼働し安定した実績を残しています。この事業は結果的に子育て世代に必要な社会インフラ整備に参画していることも意味しています。

「待機児童の解消」「夜間・祝休日勤務」など現行の保育体制へのニーズに応えるサービスを提供しています。FC本部は運営ノウハウや保育技術についてのバックアップを行い、必要な情報の共有、保育士の研修などのサポート体制を整えています。