フランチャイズの『便利屋お助け本舗』 多彩なサービスで高年収を

公開日:2015年07月01日
D0396a8e4cd0b85d

ニーズの増大で注目される便利屋ビジネスのフランチャイズ

便利屋ビジネスは、この3年間で5倍に急成長したといわれます。そのサービス内容は「お困りごと全般」です。部屋の片付け、家具の移動や設置、高齢者の買い物の補助など、利用者が不便だと感じること全てがサービスの対象です。経済産業省のデータは、高齢化が進む社会で、家事代行市場は現在の800億円から6000億年に成長すると見積もります。家事代行サービスの一画を担う便利屋ビジネスは、予測不能なほどニーズの増大が見込まれます。

信頼される『便利屋お助け本舗』なら人助けしながら年収を確保

近隣社会の関係などが希薄になるなか、ちょっとした困りごとを電話1本で解決してくれる便利屋ビジネスは、利用者にとっては救世主のような存在で、やりがいも大きい仕事です。しかし、他人が家に入ってくることに警戒感を感じる人がいるのも事実。それがフランチャイズの『便利屋お助け本舗』なら、バックボーンがしっかりとしていて、適切な価格設定もあり利用者の抵抗感がぐっと下がります。

売上の8割近くが利益 便利屋ビジネスのフランチャイズで年収増

『便利屋お助け本舗』は開業資金の少なさと高利益も魅力です。開業資金は約100万円。研修費やホームページの作成、チラシ作成などの費用です。利益率は物を販売するわけではないので、売上の8割近く。サービス内容は普段の生活のなかの些細なことが多く、一人で解決できる依頼がほとんどです。利用者から信頼を得ればリピーターとなり、さらに紹介もいただけ、顧客も増えます。先輩オーナーでは年収3600万円稼ぐ人もいるといいます。顧客の満足する顔を見ながら、年収アップを図りませんか。