興味が尽きない「浪花屋 鳥造」フランチャイズ展開の勢いとは

公開日:2015年08月10日
7d17b5fc5ac6070c

フランチャイズ・オーナー開業の真実「浪花屋 鳥造」が気になる

1985年に「ぢどり亭」1号店を開業以来、順調にフランチャイズ展開を果たし現在73店舗を運営するレゾナンスダイニング株式会社が次に立ち上げたブランドが「浪花屋 鳥造」です。2002年以来こちらも既に35店舗を数え、鶏料理飲食店フランチャイズの繁盛方程式が完成しているかのようです。

厳選された素材と全国津々浦々の鶏料理の提供がコンセプトとして採用され、先行する「ぢどり亭」の経営ノウハウが注ぎ込まれたフランチャイズ・パッケージで新規開業オーナーを募っています。

注目の繁盛店鶏料理飲食フランチャイズ「浪花屋 鳥造」の魅力とは

「浪花屋 鳥造」のメインメニューは炭火照り焼き。これは天保年間の大阪で食道楽の旦那衆の舌を唸らせた、独特の「こだわり 鶏料理」を出す「浪花屋」の看板料理の「鶏の炭火バラ焼き」に因んだものです。

「浪花屋 鳥造」では厳選した鶏肉を独特の方法で焼き上げる試行錯誤を繰り返した後に調理法を復活させ、フランチャイズ本部が定めた試験に合格したものだけを「焼き師」として認定。資格を持つスタッフ限定が調理することで品質を保っています。また年に4回の季節メニューはリピーターを増やし失わない施策として効果を表しています。

オーナー開業に好影響を与える力強いサポート「浪花屋 鳥造」

「浪花屋 鳥造」FC本部が提供するフランチャイズ・パッケージでは、優良な専門店に劣らない本格的な炭火焼鳥専門店の味を提供する店舗運営を実現しています。また店内を活気づけるホールスタッフを始めとする従業員教育を徹底することにも注力。

店内は内外装も「木」を基調とした温かさと懐かしさを感じるインテリアに統一してブランドイメージの確立の一助としています。これまでにない串に刺さない焼鳥「名物炙り炭火焼き」をメインメニューとして提供。トータルプロデュースをベースに設計されたプランとなっているのです。