リハビリ特化型デイサービスのフランチャイズ「セカンドライフ」

公開日:2017年08月29日
20150331112242

開業費が安い!介護サービスは将来絶対に有望

これからの高齢社会にともない、間違いなく超巨大市場となりつつあるのが”介護ビジネス”。2020年には3人に1人が高齢者になるといわれています。

現在も、要介護人口490万人に対して、施設の部屋数はたったの142万戸…絶対的な施設不足になっています。”介護保険”の中でもっとも多く使われているのが”デイサービス”です。

高齢者1人が1回の利用に対して、国から支払われる金額は要介護1で何と24000円以上!まさに今はじめるべき、フランチャイズビジネスです。

法改正も視野に入れた安定経営で儲かる

セカンドライフが提供するのは”リハビリ特化型”デイサービスです。従来のデイサービスは、建物がもちろんいりますし、マシンもたくさんそろえなくてはなりません。当然資金が膨大にかかります。

お金が足りない…とあきらめることはありません!セカンドライフでは、数百万かかるトレーニングマシンを使用しないので、【開業費200万円】を実現!低コストで将来的な拡張が期待でき、高収入が可能な”デイサービス”のフランチャイズの開業が可能です。

競合他社が真似できないサービスで安心経営

近頃街でよく目にする【まごころ弁当】の配達便。セカンドライフの本部は、高齢者向けの配食サービス店舗数が業界第1位(全国400店舗)の【まごころ弁当チェーン】のフランチャイズ本部です。

日本一有名、全国規模の配食サービス企業が本部なので安心・安全が提供できる!顧客の信用度が他社とは比較になりません。

さらに、食事に困る高齢者に【まごころ弁当】を直接提供することも可能です。そうすることで収入はさらにアップ。強い集客力と安定した収益が可能になります。