働き方は生き方だ!!国際的ブランド「Snap-on」FC開業

公開日:2015年07月25日

67c8b0b1501a3c04

「Snap-on」フランチャイズ開業ユニークな営業方式

90年前のアメリカで一人の青年が始めた工具販売事業。オリジナルな発想で生み出された製品が新しいスタンダードを作り今や国際的にも著名なブランドに育ちました。

「Snap-on」はラチェット・ソケットなどのハンドツールをメインストリームとしています。収納の合理性を追求した工具箱、パワーツール、整備用機器、診断機器など輸送用機器の整備関連商品など多彩なラインナップを展開しており他のメーカーの追随を許しません。

FC本部は開業を検討中のオーナー候補者に加盟を呼びかけています。

90年の老舗国際企業で開業の魅力「Snap-on」FC

「Snap-on」は歴史ある工具メーカーとしてトップブランドの地位を揺るぎないものにしています。フランチャイズ加盟店展開の目的は利潤のみを追求することではなく世界の隅々にある自動車整備業界ユーザーに対して、工具や整備機器類などの製品をサプライすることなのです。

そのため他のフランチャイズとは異なり、高額な加盟金や販売ノウハウの使用料などは一切徴収しません。一方で新規開業加盟店への様々なアドバイスやバックアップ制度は手厚く整備されています。

アメリカン・ドリーム開業を強力サポート「Snap-on」

「Snap-on」の販売形式は、バンに商品を積み込んで直接工具を販売するシステムが採用されています。新規開業加盟店は「Snap-on」が1940年台の米国で始めたバンセリングシステムと呼ばれる移動販売形式で営業と販売を行うのです。

加盟店ごとに担当エリアを設定。地区の顧客を年間40回訪問する営業計画を実行します。顧客との信頼関係を構築し、長期的な取引を確立させるビジネスモデルです。

「Snap-on」バンはなんと15000種類にもおよぶツールを積み込んだ移動店舗。顧客のニーズに応えることができる品揃え。工具好きが多い業界の顧客は「Snap-on」バンの訪問を楽しみに待っていてくれます。