名物プルコギで高い収益率!焼肉『巨牛荘』フランチャイズ

公開日:2015年04月22日

20150424140627

客の9割が注文!巨牛荘フランチャイズを支える名物料理「プルコギ」

『巨牛荘』の看板メニューと言えば「プルコギ」です。プルコギとは味付き肉を焼いた韓国料理。巨牛層のプルコギは、韓国で1年間修業を積んだ桜井氏が日本に持ち帰り、さらに独自の進化を遂げたもので、客の9割以上が注文するという超人気商品です。

秘伝の味が話題を呼び、口コミで有名になったプルコギは、巨牛荘のフランチャイズを支える看板メニューでもあります。芸能人のファンも多く、高い評価を得ている巨牛荘は、薄利多売の焼肉屋とは一線を画しています。

巨牛荘オリジナル料理で高いリピート率!フランチャイズでも安定!

巨牛荘のリピート率は7割を越えています。それも、よそではなかなか食べられないオリジナリティがあるからこそ。フランチャイズでも安定した経営を期待することができます。

秘伝の味「プルコギ」は言うまでもなく、もう一つ「ケジャン」と呼ばれるワタリガニを使った名物料理があります。ワタリガニを生のまま秘伝のたれに漬け込んだもので、独特の食感がたまりません。

また、プルコギ、ケジャンをいただいた後に残り汁で作る「焼うどん」が絶品。これを食べにくるという人がいるほどで、リピート率を引き上げています。

巨牛荘本部はフランチャイズオーナーの自由な発想をサポート

巨牛荘に来るお客は、秘伝の味、上質のサービスを求めてやってきます。フランチャイズ店でも同質のサービスを提供できるようサポートするのが本部の大事な役割となります。

創業者桜井氏がチェックしてOKを出した食材が提供されるため、どの店でも同じクオリティを保つことができます。また、調理技術自体はそれほど難しいものではないため、必要な人材の確保も容易です。

また、巨牛荘ではメニューは共通ですが、店づくりはフランチャイズオーナーの自由な発想をサポートします。オーナーの理想の店を目指すことができます。