デイサービス事業FC「夢のみずうみ村」の経営システムとは

公開日:2015年08月11日

6fca1bf5569b58a8

FCオーナーの経営関与はどこまで?「夢のみずうみ村」が気になる

「夢のみずうみ村」は高齢者や障害者のために利用者の意志や自主性を尊重したデイサービス事業を実施。山口県防府市で拠点となる防府デイサービスセンターを運営しています。各種のリハビリや健康チェックの他、パソコンやガーデニングなど、利用者が選んだ作業を行います。

食事時間も時間で区切るのではなく、それぞれの利用者の自主性を重視しています。「夢のみずうみ村」ではデイサービスのフランチャイズ展開を行っており参加するオーナー候補者を募集中です。

魅せるオーナー開業「夢のみずうみ村」の繁盛の理由とは

デイサービス事業は山口県防府市の他に、山口市、浦安市、新樹苑と合計4個所で運営されています。さらにショートステイ施設が1。都市型軽費老人ホームが1。障がい者、障がい児デイサービス、放課後等デイサービスを山口、防府の施設で実施。

小規模多機能型居宅介護、居宅介護支援等についても利用者の意志や自主性を尊重した介護や支援を行っています。

利用者の意志や自主性を尊重「夢のみずうみ村」の介護・支援サービス

「夢のみずうみ村」FCは地域に密着した、地域社会に貢献できる事業を展開することを目標としています。「夢のみずうみ村」FC本部が提案するフランチャイズ・プランでは次のようなオーナー候補者を募集中です。

遊休地の有効利用をお考えの方、新しく、福祉分野での開業を考えておられる方、既存の建物を改装し、新規事業として開業を考えておられる方、既に施設開設しているが、新しい視点に立って運営理念及び運営方法を改善したいと考えている方などを募っています。