靴下の専門店「Tabio」でフランチャイズ開業・成功への道

公開日:2015年07月19日
27bc345745641665

「Tabio」フランチャイズオーナー候補者へのメッセージ?

タビオ株式会社は1968年創業から40年余りの歳月を靴下の企画・製造・卸・小売・フランチャイズ チェーンの展開に取り組んできました。企業理念である「お客様の足にやさしい靴下」を追求。

販売チャンネルとしてのフランチャイズにとくに力を入れ現在では「靴下屋」「ショセット」「タビオオム」等の靴下専門店ブランドショップを日本全国に約280店舗、「 Tabio 」名義のショップをロンドンに7店舗、パリに1店舗と海外に拠点を構えています。タビオ株式会社は新規開業を担うオーナー希望者を募集中です。

期待できる安定開業の源泉「Tabio」の秘密とは

「Tabio」FC本部では靴下に対する安ければ良いといった従来から根強いイメージを払拭させ重要なファッションアイテムであるポジションを確固たるものにすることを目指しています。

「Tabio」を始めとした日本製の靴下は世界に比する物がないほどの高度な技術が注ぎ込まれた製品。企画力と技術によって生み出された製品ブランドは信頼と人気を博しています。

まだまだファッショアイテムとしての認知度が低いアイテムです。消費量の伸びが期待できるマーケットでフランチャイズ開業を希望するオーナーを募っています。

安定開業に貢献するバックアップ「Tabio」のフランチャイズ

「Tabio」FC本部ではフランチャイズ各店舗の負担を軽減するために独自の流通システムを確立しています。各店舗の発注が工場にダイレクトに伝わり多品種少量生産が可能な製造現場で必要分の靴下が出来上がり、直接各店舗に配送されます。

請け負ったオーダーに短時間で対応できる仕組みです。この効率的な物流システムにより不要在庫によるスペースや経済的なロスがカットされ経営に好結果を与えています。店舗に在庫は必要ありません。

オーナーは自身の負担を減らしつつ、顧客に満足を与えるサービスの提供を行うことを可能としています。新規開業を後押しする仕組みが出来上がっているのです。